Loading...

Jan 24, 2018

日本の布団の清掃方法

あなたがちょうど日本に着いたら、ふとんがバルコニーに掛かっているのを見て驚くかもしれません。私は私が知っていた。ありがたいことに日本への初めての旅行で、ホストファミリーと一緒に泊まりました。最初の日に晴れた日が来るといつも布団を暖める必要があると私は説明しました。


日本人が布団を吹く理由の一つは、日本のほこりが原因です。これはひどいダニと彼らの悪いいとこ「ダニ」の問題を引き起こします。 ダニは本質的にベッドバグです。適切な断熱材と二重または三重の窓ガラスを備えた現代的な建物に住んでいる場合、 ダニーの問題に遭遇する可能性は低くなります。しかし、日本の宿泊施設の大部分は、外界からの適切な防衛の贅沢を持っていません。 NIの侵入を防ぐために 定期的な放映と布団のスラッシングが不可欠です。


しかし、私と同じように、実際に予防するためには布団を毎年(または2〜3年ごとに)洗う方が良いでしょう.2つの主要な選択肢があります。あなたは、適切な清掃のために布団を送ったり、あなた自身でそれを洗うことができます。


前者の場合。あなたが利用できる特別な布団クリーニングサービスがあります。専門家の清掃が終わったら、会社に来て、布団を拾い、戻すことができます。布団を洗濯機に落として、あなたが助言した日に拾い上げることもできます。これらのオプションはどちらも通常の使用にはコストがかかりすぎる傾向があります。通常は12,000円かかります。長年にわたり、私はそれらを様々な場所で値段を付けました。そして、私が見つけた最も安いものは布団あたり8000円です。平均的な布団は1万円しか買えません。贅沢な布団でさえ2万円を超えることはほとんどありません。同じ価格で新しい布団を買うことができたときに、清掃に多額のお金を費やすのは無駄です。それで私は自分の布団を掃除した。


明らかに布団は家庭用洗濯機には入らないので、私は自分で洗濯すると言うと、コイン洗濯機に洗濯して乾燥させるということです。多くの布団は洗濯すべきではないと言いますが、これまでの布団では問題はありませんでした。しかし、私は洗濯機に子供の昼寝の布団を失ってしまった!具体的には、布団洗濯機と乾燥機を備えたコインランドリーを探す必要があります。私は布団を巻いて紐で縛って、それを従来の工業用洗濯機の中に入れていましたが、それはたくさんの努力です。


布団洗濯機は簡単で、素早く、安価です!布団を洗うには900円かかりますが、乾燥機を使用していても、完全に乾くまで家に持ち帰って乾燥させるのに約500円かかります。その理由から、私は晴れた日にあなたの布団を洗うことをお勧めします。ハッピークリーニング!



By Saitama
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿