Loading...

Sep 29, 2017

緑茶。

静岡緑茶ガイド :ティーブロガー(新ゆり)

今月のブログを見てください。



私の友人は、私にプレゼントとして多くの種類の緑茶を与えます。だから私はそれを試してみる。

まず、玉倉。

玉露は日陰の茶葉の丸い形です。玉露茶葉は独特のもので、収穫前の2,3週間は日陰で覆われています。このシェードは、アミノ酸であるL-テアニンのほとんどが低品質の茶の苦味の大部分を担うポリフェノールであるカテキンに変わるのを防ぎます。その結果、餃子は、煎茶の煎茶と比較して、甘く独特な味わいを持っています。



第二は抹茶です。

抹茶は、最高級の煎茶茶葉を使って作られた、細かく粉砕された緑茶粉です。これらの珍しい葉は収穫の20日前に日陰で覆われています。収穫後、葉を蒸して乾燥させて、静脈と茎を剥がしながら平らなままにします。剥ぎ取られた葉は、ゆっくり回転する石工場で粉砕されます。収穫から製粉まですべてが可能な最高の抹茶を生産するために行われます。おいしい健康的な抹茶は、伝統的なホットドリンク、素晴らしいラテスやスムージー、さらには100種類のものまで、あらゆるものに使用されています。



最後に、Hojicha。

ホジチャは、ローストした日本の緑で、カフェインの量が少ないことから注目に値する。 Bancha製のHouichaは約200℃で数分間焙煎した。このプロセスは、独特の試食プロファイルを作成します。それはそれにナッツ、ロースト風味、そしてアロマを与えます。他のほとんどの日本の紅茶と違って、酒は焙煎されているので茶色です。

このパン・ファイニング・プロセスは、カフェインを減らし、子供、高齢者、カフェインに敏感な人のための軽度で低カフェインの代替物を作り出します。 Hojichaの場合、沸騰水(95℃)に近く、醸造時間を短くすることをお勧めします。 15秒で準備ができて、このお茶はナッツ風味と心地よい香りです。このお茶は、通常、日本の赤ちゃんが飲む最初のお茶です。これは美味しい味わい深いお茶です。



すべての緑茶は素晴らしい味を持っています。緑茶について私が一番好きだったのは、玉倉でした。

これは私が玉黒を持っていたのは初めてです。

抹茶は抹茶よりも甘く味があり、味がいい


(ティー・ブロガー:新優里)


By GreenTeaGuide
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿