Loading...

Sep 23, 2017

茶道...日本の茶道

Sadou、またはchadouは 、正式な作りの練習や飲料抹茶 、(粉末日本茶)のための日本語の用語です。日本語の単語のsadouが 「パス」や「教育」またはを意味し、道、CHAまたはSA、および第二漢字と発音され、「茶」を意味、茶、2 漢字 、最初の漢字で構成され、私が考えることを好きなようにそれ自身、 "規律"はdouと発音されます。これは、日本語の書かれた言語がいかに簡潔で表現力豊かであるかの例です。 2、それほど難しいことではない文字は、すぐにこの言葉、sadouが 、作りやお茶を飲む程度が、それはより約はるかにあるということだけではなくであることを伝えるところ。


最近、 静岡県の玉郎の 里の茶屋である兵庫亭への旅行には十分に運が良かったです。日本のほとんどの茶室と同様、兵庫県は茶室から見える池が自然に囲まれています。この静かな環境は、日本の茶道の重要な要素です。 兵庫県の茶室も伝統的です。それは畳の床(織わらマット)、そして芸術や花が表示されている床の間があり、 障子 (紙引き戸)は窓を飾ります。茶店に入ると慣習的に、私たちは靴を取り外し、主催者が私たちを茶室や座席に導くことができます。伝統的に人々は着物を着て正式な茶道になりますが、この機会はもっとリラックスしたものですが、私のカジュアルな服は受け入れられますが、もちろんホストは着物を着ています。


サドゥには2種類のお茶があります。 ウスチャ (薄茶)とコイチャ (厚いお茶)。今日、私たちのホストは、私たちを作り、私たちに役立つでしょマカとお湯は美しく手作りの茶碗に加え、竹製の泡立て器と一緒にブレンドします。私たちは、それぞれの一口を味わうように、我々は小片に切断し、それぞれ与えられた和菓子 (日本の伝統的な甘い)です。 usuchaは、私たちに面する皿の華やかな側面で提供されます。私たちのホストは、右手でボウルを正しくピックアップし、左の手のひらに置く方法を教えてくれます。それから、 ウスチュアを飲む前に、彼女は、ボールを時計回りに回転させ、 あまりにも華やかな側から飲み、他のゲストがその職人技と独創性に賞賛する必要があることを伝えます。私たちは、 和菓子はその後、茶碗、甘い和菓子との両方の味を高め、わずかに苦いusuchaのコントラストから一口味わいます。私たちが終わったら、何とか落ちてもそれが壊れないように、床の近くで慎重に持ちながら、それを左右に回して「非常に明白に」茶碗自体を賞賛することが重要です。これはホストとボウルの職人の両方に配慮された表現です。



私たちは多くの疑問を抱えています。私たちは、習慣や文化に関する知識が不足しているため、ミスを犯したり、ホストを侮辱したりすることについて、しばしば心配しています。私たちのホストは、優雅に熱心に答えます。彼女の知識と専門知識を私たちと共有することができて嬉しく思います。その後彼女と彼女のスタッフは、背景に滑り込むと、私たちは自由に芸術を賞賛し、私たちの美しい設定の静けさで入浴することができます。


玉露の里を訪れる機会を得るために、 City Cost(静岡緑茶)に感謝し、おもてなしと寛大さを世界緑茶協会に感謝します。


次のリンクは、より詳細な情報を提供しています。

玉露の里の基本情報

兵庫県茶寮の基本情報

玉露の里の藤枝市に関する情報

玉露の里のためのFacebookページ




この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の体験に取り組むチャンスです。

By LovingJapan
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿