Loading...

Mar 10, 2018

プラムの花:家族としての季節の風景を楽しむ

私は以前、日本のプレイセンターがどういうものだったかについて書いていました。真実を伝えて、私は公園を愛しています。プレイセンターのように、公園のアクセシビリティとバリエーションは、日本での外国人として感謝する多くのものの1つになっています。私は故郷(アイルランド)に高品質の公園を選ぶことができますが、ここでは公園を目立たせる2つの要素があります:遊び場と季節の風景。

一般的に言えば、日本の季節の風景は畏敬の念を浮かべるものです。大きな公園の中にはこれを利用するものもあり、毎年花や花を栽培して一年中美しさを誇っています。時には毎月。毎月の植物相が見える公園のひとつが埼玉にあります。日本初の国立公園武蔵九十九里公園は、より一般的には新林公園と呼ばれています。



現在、 新林公園には梅の花が咲き誇ります。まだいくつかのウィンタースイートが咲いています。 シンリンパークはその梅園では有名ではありません。埼玉県で最も有名なのは、 小杉のものです。関東地方の3大「梅」の林のひとつです。 大宮第二園のもう一つの有名な梅の花木は、しかし、両園は埼玉の梅を見るのに最適な場所であると言われていますが、どちらも子供のためのものがいくつかありますが、どちらも特に家族に優しいものではありません。一方、 Shinrin Parkには、子供たちがやるべきことがたくさんあります。 3つの独立した遊び場だけでなく、他のプレイエリアとオープンスペースがあります。


梅の花木は、公園の南端にあり、最寄の遊び場(中央門の近くの山の空気トランポリン)から徒歩20分ですが、公園の電車を使うか自転車を借りて公園をもっと見ることができます便利です。今日、私の息子と私は後者の自転車レンタルを利用して、私たちが残りの家族遊びを残した西門遊園地から20分を循環させました。西の入り口の遊び場には2つの巨大な遊び場があり、そのうちの1つは冒険の遊び場であり、巨大なボールで遊ぶための大きな緑色のエリアです。あなたは自転車を南の入り口の自転車倉庫に駐車してから、梅の花木林に約10分歩く必要があります。


サイクルと歩行はそれに値するものでした。すべての樹木がまだ開花しているわけではなく、大部分の樹木はまだ100%開花していませんが、樹木は美しく見えます。ピンクの花、白い花、そしてまだ咲いているウィンタースイートの黄色があります。梅の花は今週一杯になると予想され、その後は漸く漸減し始める。あなたは3月中旬頃までそれらを見ることができるはずです。

経費、時間、一般的な情報についての英語の情報がある公式サイトhttp://www.shinrinkoe​​n.jp/





By Saitama
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿