Loading...

Jan 15, 2018

仙台史郎:商人の民俗 - 神


仙台のクリスマスショッピングは、この幸せに座っているサンタらしい姿の幸せな遵守の下、クリスロードで起こりますが、彼は誰ですか?


東北の私の最初の冬、私はこの男が "日本のサンタクロース"だと思って、なぜ名古屋や岐阜で奇妙なことを見たことがないのだろうと思った。おそらくそれは単なる別の奇妙な北部のものでした。この男は、店内、看板、町の周りの多くの場所で見られる同じ幸せで、座って、剃った男だった。これはお土産屋さんの古い写真の色褪せた男です。これは仙台史郎です。

仙台市街のクリスロード商店街にある三鷹館と神社の前に、クリスマス仙台四球がぶら下がっています。


歴史的な仙台城は精神的に挑戦された19世紀の仙台居住者で、実際の名前は、問題の原因に応じて、 芳賀豊隆または芳賀志郎のいずれかであった。物語によると、彼はショッピングアーケードをさまよい、ほとんど話すことはほとんどありませんが、常に笑っていました。彼の描写では、仙台史郎は頻繁に正しく座って、剃った頭とやや短い衣服で笑顔を浮かべて見せてくれる。もっと最近の描写は、大きなサンタ風バルーンデコレーションを含めて、この詳細から離れている。しかし、何か小さな彫像は、何も存在する必要がないナブの何かを露呈させて見ることができます。おそらく、それは自分の衣服の折り目、または私が見逃していた芸術的な表現の何らかの要素であることを意図していたかもしれませんが、私の兄弟は数年前にこの様子を指摘して以来、お土産。


アーケード内のお土産店の1店で、仙台城の小物を販売しています。中小企業を経営する人のための良い贈り物。


彼が訪れて楽しんでいたお店は、他の人の訪問ですぐに回復し、彼をあまり扱っていない店舗は通常、苦労した。理論的には、これは、短いローブを含む多くのクライアントに対応する人が、誇り、欲求、無知などの理由で金銭的利益を奪う人よりも良い成果を示すことが一般的に分かります。これは文化的な教訓ではなく、他の人たちをうまく扱うことができたが、代わりに商人の地元の聖人の姿になり、仙台や松島の数多くのお土産屋や装飾の顔で見ることができるそこには仙台史郎自身のために捧げられたアーケードの三鷹山麓神社の前にぶら下がっている!


仙台市に関する店頭説明。


クリスマスが終わった後は、新年の装飾が上がり、サンタの衣装をした仙台城の代わりにトナカイのそりがあります。ショッピングアーケードのお客様は、プラカードスタイルの装飾で迎え入れられ、アーケードを通る通りの真上の三鷹山麓の神社のすぐ前にあります。

仙台のビジネスマンにとっては、この民俗・地方の神は素晴らしい幸運の魅力とみなされます。あなたが好きな人がどこかの小規模ビジネスを営んでいるなら、仙台のお土産屋さんから仙台城の魅力を伝えるか、三鷹山麓の寺院と神社があります。

By JTsuzuki
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿