Loading...

Jan 7, 2018

古い日本の子供向け書籍の展示

飯田橋駅から登山ビルの東京印刷館まで徒歩15分です。博物館には2〜3ヶ月ごとに変化する様々な展覧会があります。


現在の展覧会は、幼稚園児のための18世紀の古い日本の子供向けの書籍です。展覧会で見ることができる絵や図書のほとんどは、日本で最も長く出版されている人気のある「キンダーブック」のものです。


すべての写真は、社会の変化、教育政策、およびその期間の子供の日常生活の習慣を完全に反映したものです。


展覧会全体でさえ日本でしかないので、昔の人生を理解するために絵を見ることができます。また、図面は非常にカラフルで陽気です。特に戦時中は、キンダーブックは非常に興味深いものです。


500円の入場料も含めて、小冊子の印刷に関する小さな展覧会です。あなたは、異なった国の多くの古い文書とそれらが作られた方法を見ることができます。


所在地:東京都文京区水戸1-3-3凸版印刷ビル
ウェブサイト: 90年のキンダーブック


By Crazydeath
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com