Loading...

Mar 28, 2018

今春の英語教育の変化


2011年春、日本の小学生5、6年生が「外国語活動」や英語会話レッスンを始めました。

今年の4月から、3年生と4年生が参加します(年間15レッスン)。高校生のレッスン回数が増えます(今年は50人、2020年までは75人)。


これは、忙しい小学校の担任教師の心配よりも多くをもたらしました。彼らは訓練が急いで彼らに提供されているにもかかわらず、ほとんどの時間英語を教えるための自信を持っていません。


私は座って遠くから沈没船を見たいのか、ALT(補助言語教師)として公立学校で再び働きたいのか分かりません。

いくつかのレッスンでは、無料期間のあるALTとフラッシュカードを持っている場合、1〜4年生のレッスンではすでにたくさんの学校が搾取されています。

余分なカリキュラムとして意図されたときに必要な科目としての小学校のクラスの追加は十分に考えられていません。また、予算がテキストの更新や置き換えを提供しない場合、既存の中学校のカリキュラムに移行する際に、テキストが重複する可能性があります。


1週間に1度ALTとして各小学校に通う外国人教師はどこから出るのでしょうか?


より多くの外国人補助教師が必要ですが、それらの教師の条件は改善されません(反対の可能性が高い)。私は「ネイティブ」英語圏以外の国の教師数が増えると思っています。


これは過去の国籍に基づいて失格となった教師には絶好の機会です。実際、英国と北米以外から出会った教師の多くは、英語教授法の方がはるかに優れています。


たぶん、より多くの新しいALTが実際に経験を積んだり、ある日教師になることに興味があるかもしれません。私は、一時的に日本で遊ぶだけの教職に就いている人に比べれば、誰にとっても良いと思う。


個人的には、「母国語」の英語話者が必須であるとは思っていません。あるいは、彼らがどこから来たのかだけで選ぶべきです。特に小学生のALTの仕事には、世界各地からの英語をよく理解している教師が、子供たちが世界観外の人と時間を過ごす絶好の機会になります。

これこそが、2年ぶりに東京で開催される次期オリンピックでのポイントです。


日本人が旅行するとき、〜からの人々が英語を話すことができると私はコメントすることがありますが、そのアクセントを理解することは難しいです。若者が世界中の人々が話す英語に晒されている場合、これは大きな問題ではありません。


私の意見では、既存の/変化する教育システムについて私たちが望むすべての文句を言うことができますが、それは役に立たないでしょう。ほとんどのALTは現在、派遣会社を通じて働いており、学校を通って直接働いているわけではないため、労働法を犯した職場を受け入れないことで、公正な労働条件を要求することができます。私たちは良い姿勢を持ち、仕事を楽しむことができ、生徒のための楽しいレッスンを作り、過労の担任教師を助けることができます。


また、日本に住んでいる間、世界中の人々との出会いを続けることができます!


公立小学校の派遣会社と現在仕事をしている場合は、現在の英語教育システムの変更に関するご意見をお待ちしております。


By helloalissa
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿