Loading...

May 18, 2018

ALIT:埼玉のアート・文学・情報・茶道館

埼玉の入間市には、世界でも数少ない紅茶博物館があります。日本では世界で2番目に有名な世界茶博物館が最も有名です。私は先月私の家族と一緒に "ALIT"を訪れるという大きな喜びを得ました。しかし、この家族のために、私は好きだったほど博物館の茶の領域を調べることはできませんでした。


ALITはArt / Archives、Library、Information and Teaの略です。博物館にはたくさんのイベントがあり、インタラクティブな体験ができるので、特に家族が多く提供しています。最後にリストされていますが、Teaは博物館の主な焦点です。博物館の2階は主にお茶に捧げられています。お茶の歴史について学ぶことができます。日本だけではなく世界的にも知られています。博物館の展示品とは別に、ALITはお茶を学ぶ機会をいくつか提供しています。彼らは、茶の方法、茶の歴史、伝統と茶の実践について、いくつかのセミナー、講義と講演をしています。あなたは、茶揉み、茶掛け、茶​​道など、これらの習慣を自分で試すことさえできます。彼らは子供のために特別に茶道イベントを1ヶ月に2,3回子供たちに提供します。


私たちが訪れた日には、茶を粉砕し、手で茶を巻く機会が与えられました。どちらも無料で日本の緑茶に関する一般的な情報を提供してくれた専門家が監修しました。彼らは定期的にこれらのタイプの経験を提供し、家族にいくつかの異なる日本の伝統的な習慣を試す機会を与える定期的な週末特別イベントを持っていると思われる。私たちが訪れた日に、子供たちは日本の織機を操作して、自分の茶碗を作ることができました。着物や浴衣で飾ることができました。彼らが遊ぶことができる多くの伝統的なおもちゃがありました。これらの活動はすべて無料です。

ALIT情報

博物館は公園内にあり、敷地内にはレストランがあります。博物館の1階にはお茶屋もあります。駐車場は無料で豊富です。ケンオ高速の入間出口から博物館にアクセスできます。出口から車で約7分、コスコと三井アウトレットを過ぎています。最寄りの鉄道駅は西武池袋線の入間駅です。駅からかなり離れているので、バス停2番から「本日」の本本行きバスに乗る必要があります。それは約20分かかります。

博物館は午前9時から午後5時まで営業しています。博物館の1階は無料です。美術館のお茶部分に入る場合、大人は200円、子供は50円です。


ウェブサイト: http : //www.alit.city.iruma.saitama.jp/





この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の経験に従事するチャンスです。



By Saitama
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com