Loading...

Mar 14, 2018

冬のワンダーランド

12月から2月まで、日本は冬を経験しています。雪は国の北部でのみ豊富ですが。

今年2月25日に日本に到着(成田空港)、ほぼ冬の終わりです。したがって、冬の寒さの寒さはまだ私を骨に冷やさせる。雪は降らないが、冷たい!

しかし、誰が雪が地面に落ちるのを見たくなくて、自分の手で雪の球を作ることを望んでいないでしょう。もちろん、私と私の友人は自分自身でそれを試してみたいと思い、Elsa of Frozen-kind-of-lifeの実生活体験をしたいと思っています。

幸運にも、冬の不思議の国を目撃するために北海道に旅行する必要はありません。朝8時50分に千葉を離れるバスに乗って朝5時30分に長野に到着しました。それはまだ早かったし、私たちの宿泊施設はまだ閉鎖されていたので、バス駐車場近くのスキーセンターで休憩しなければならなかった。中央にはvendoのマシンがあります(ほとんどの場合、 。午前6時半頃、私たちは宿泊して、宿泊しました。宿泊施設では、スキーウェア(500円)とスキー/スノーボード用品(500円)をレンタルすることができました。


私たちはスキーとスノーボーディングを初めて試みましたが、日光浴や雪だるまと雪のボールを作りながら、雪の上に横たわって遊んだり楽しめました。スキーコースの上部にもリフトがありました。スキーコースの下部に戻るためには滑り台を下ろさなければなりませんでした(これは非常に危険だから試しませんでした)。午後4時頃にロッジに戻り、シャワーを浴びると、宿泊は温泉または日本の公衆浴場の利用のみであることがわかります。それはまた公衆浴場を試みる私の最初の時間だった、それは素晴らしい経験だった。我々は宿泊の所有者によって準備された夕食を持っていたし、それは非常においしかったです。部屋も快適でした。翌日はまだスキーを楽しめる選択と時間がありますが、歩いて周辺を見回し、写真を撮り、日本の美しさを鑑賞しました。長野を午後4時に出発し、午後11時20分に千葉に到着しました。それは疲れていましたが、お金、時間、労力の経験に値するものでした。

PS。すべての写真はアンドロイド携帯電話で撮影されましたが、私はDSLRを使用していたように見えてとても美しいです。 :)

PPS。 (食べ物について)宿泊施設からのディナーと朝食を除いて、食事はどうにか高価でした。

**オールインオールオール14000円をこの旅行に費やしました。思い出に残る価値のある冬の不思議の国の体験の価値がある

By K
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com