Loading...

Feb 27, 2018

松田桜の祭典

最近、日本の桜が本当に欲しいと訴えている人がいるのですが、その都合上(仕事、休日、家族、その他の予定や行事など)、2月には日本に来なければなりません。関東地方の桜は、毎年3月下旬〜4月上旬に発表されていますが、早く咲く桜を楽しむことができる場所がいくつかあります。




河津桜は、早い時期に咲く様々な桜の木です。彼らは通常2月の初めに3月の初めに彼らの花を開け始める。これはかなりゆっくり起こります(とにかくまだ寒いです)ので、花は2週間まで持続するかもしれません。最高の視聴時間はほとんどが2月の終わり頃ですが、確かに、これは気温と天候によって毎年変化しています。


定期的な桜期間に典型的であるように、また川津桜が開花している間に桜の祭が開催されます。 静岡県の川津川神奈川県の三浦海岸など、季節の初めの桜が訪れる観光客も多く訪れます。


2月中旬、私はむしろ未知の場所、 松田に立ち寄った。松田市は小田原からほんの数分のところにあり、小田急線とJR線に接続しています。今年は、2014年2月10日から3月11日にかけて、 松田さくらまつり(まつだ桜まつり)が20回開催されます。


イベントのエリアは、山の上に位置する西平畑公園である。祭り期間中、 JR松田駅北口からシャトルバスが1時間に2回発車します( 小田急新松田駅に到着する場合は、徒歩5分程度歩く必要がありますが、そこのあなた)。一方通行は150円かかります。本当に山に上がっているので、バスを使うことをお勧めします。そこに到着してもまだ歩くことができるので、歩いていると非常に疲れているかもしれません。




桜は松山ハーブガーデン周辺にあり、本当に美しいです。私の訪問は少し早かったので、花はまだ満開ではありませんでした。 2月末または3月初めの訪問は、最良のタイミングかもしれません。晴れの日があると、富士山の景色も素晴らしいです。しかし、富士がいなくても、遠くの海までは松田市を見渡すことができます。




Romancecarという小さな列車が、桜の下の公園を1日数回走っています。これはおそらく子供たちだけでなく、大人にとっても楽しいことです。


それはお祭りなので、食べ物や飲み物を買うこともできます。そば、うどんなどの伝統的なお食事が売られています。私はいくつかの餅を含む美味しいさくらソフトアイスを食べました。




バス停のすぐ隣にある子供の遊び場(子どもの館)を見逃すことはありません。日本の女の子フェスティバル「ひなまつり」には、伝統的な人形やかわいい手工芸品が巨大に展示されています。それは無料です。



あなたがその地域を探索するのに十分な時間があれば、間違いなく山の上を歩いてください。約15分後、 アグリ・フラワーパーク(あぐりパーク嵯峨山苑)に到着します。入場料は300円ですが、ピンクの桜と組み合わせて黄色のマスタードフラワーを楽しむことができます。そこにもいくつかの梅の木が開花しています。中には多くの人がいなかったので、座って静かな雰囲気を楽しむことができました。



私は松田桜祭りに多く訪れました。だから、もしあなたが日本で早ければ、外に出て、早い桜をキャッチしてください!



公式サイト: 松田町

By YokoLostinJapan
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com