Loading...

Sep 22, 2017

静岡の伝統的な緑茶の儀式


グリーンティーでの私の経験は決してそれほど思い出深いものではありませんでした。私は大ファンではありませんでしたが、私は伝統的な日本文化に興味を持っていましたので、私は緑茶に躊躇していましたが、伝統的な日本の茶道を経験していました。




アーチ道を歩いて茶室の庭に足を踏み入れたとき、それは時を遡って歩むようなものでした。私たちは美しく彫刻された庭園、ステッピングストーン、そして非常に空腹の鯉魚で飾られた素敵な池に出会い、100年前に旅したようでした。




茶室自体もとても美しく、よく保たれていました。足を踏み込むと、私たちは靴を脱ぐように指示されました(通常の日本の習慣)。私たちは畳の部屋に向かって、セイザスタイル(座って床にひざまずいて、足元を踵で真っ直ぐに折りたたむ)に座る必要はないと知らせました。これはしばらくして座っていると本当に傷つけることができました!




私たちのホスト、美しい着物姿の2人の素敵なオバササンが、私たちに挨拶して、儀式を説明し、お茶を提供する女性を迎えました。後者が畳に乗って私たちのお茶を滑らせていた時、私は床にぶつかるほど低く揺れていましたが、私は本当に好きではなかった彼女のエンパワーメントの妙な感覚を感じました。これを感じた。



茶道は私たちに非常に詳細に説明されました。セレモニーの複雑さについて知りたい場合は、このブログの記事のトップに掲載されているビデオを見てください:)



私たちはモチを食べてお茶を飲んだ後、ティーハウスを見て、バルコニーに足を踏み出して、山とその下にある庭園の中で最も美しい景色を見下ろす漁網を見上げました。





私は茶道に参加できたことはとても幸運なことです。もしあなたが今までに行かなくてはならない機会があれば、参加することを強くお勧めします。




この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の体験に取り組むチャンスです。

By Keirashley
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿