Loading...

Nov 13, 2017

仙台のおいしい、おいしいお土産


数年前、訪問した同僚は、仙台のお土産に、彼が学校や町に戻ってくるべきかどうか尋ねました。夫が家に帰ってきて岐阜に戻ってきたときに、私は牛タンバスセムベイを勧めませんでした。私の夫を含め、誰もそれらを好きではなかった。


これらを購入しないでください。彼らは総額です。

代わりに、私はkameboko、小さな竹の葉の形をした魚の保存塊を提案しましたが、私は時には私が時々行うことの名前を覚えていないので、私の訪問者は私のアドバイスを無視し、この優れた店のスタッフがアーケードにいます。アーケード内の蒲鉾屋内には、さまざまな種類のカメボコや驚くほど妥当なコストの箱入りなど、数々の食べ物やお土産があります。ある店舗では、カメボコがエビの形をしていても、このエリアには普通ではありません。ショッピングアーケードにはカメボコの店がいくつかあるので、好きなものが見えない場合は見てください。




あなたはForusの近くのこの店の前で蒲鉾を撮ることさえできます。


牛タン


仙台で有名な九谷や牛の舌は、駅に近いレストランで多くのメニューに載っています。

カレーからセムベー、カツレツまで、牛タンはどこにでもあり、牛のための漢字とそれを識別するためのひらがなまたはカタカナを知ることだけが必要です。

個人的には、味わい深いものだと思いますが、仙台のお土産のお店でおいしいものをお求めなら、九谷を見てみましょう。

このフレンドリーな牛のマスコットは、あなたが食べ物のかわいいバージョンをしたい場合は、同様に彼の商品を示しています。

ズンダ

日本人の間でさえ、ズンダは誰のためでもありません。他の都道府県出身の人々は、甘い大豆の調合をいつも理解したり楽しんでいるわけではありませんが、ここではとても有名で、普遍的なキットキャットの味です。

チョコレートやその他のお菓子でも見つけることができます。時には勇敢な買い物客は、アーケードのセクション間の太鼓の場所でも、zunda太鼓を見つけることができますが、これらは長続きするお土産ではないことに注意し、遅くとも1日以内に食べる必要があります。

私はアーケードでズンダスムージーを見つけました。

それらを入手する場所

個別包装されたズンダまたはギュタタン製品の旅行に適したパックは、駅の3階、新幹線入口またはオムニージショップの地下にあります。

もう少し選択的なものを探しているなら、アーケードを歩いていくと、かまぼこや他の地域のお気に入りがあります。シュリンクラップされたものは通常、有効期限が付いてくるので、そのようなアイテムを配布できるかどうか、いつ配布するのかは簡単に分かります。いくつかのお店では、必要に応じて購入した商品を発送するための書類を記入することさえできます。

だから、宮城から味わい深いものが必要な場合は、駅とアーケードをチェックしてください。

By JTsuzuki
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com