Loading...

Aug 4, 2017

金箔のおもてなし

『静岡緑茶ガイド』にて、“ティーレポーター”を務める髙橋麻弥です。

今月の緑茶レポートをご覧ください。


7月15日から、掛川市二の丸美術館にて

「MOA美術館所蔵品 特別展示 黄金の茶室と現代日本美術の粋」が開催されています。

3連休の最終日に早速、観に行ってきました。


私自身、茶道と華道を習っている為、個人的に、メインの「黄金の茶室」だけでなく、茶道具も拝見できるとのことで、とてもわくわくしておりました!!


掛川城を含め、掛川市二の丸美術館へ入館するのは2回目となります。

いつ行っても、自然豊かで、景観も揃っていて、本当に落ち着ける場所です。


展示物の中で、やはり「黄金の茶室」を拝見している時間が一番長かったと思います。見事なまでに復元された黄金の茶室は、ず~と見ていても飽きないほどの不思議な魅力がありました。


その他の茶道具も、歴史背景が感じられるものばかりで、普段なかなか見ることのできないもののため、一層見る価値があるものと思います。


拝観後、美術館の隣にある二の丸茶室にて、少し休憩をさせていただきました。

今回の展示品である「黄金の茶室」に魅せられ、金箔のおもてなしが受けられます。

茶室へ通されると、まずお菓子を頂きました。

「宝珠」という名のお菓子で、黄金の茶室に合わせて、金箔がのっているそうです!煌びやかですね!!

掛川産のお抹茶をいただきながら、目の前にはきれいな庭園が広がっています。

茶室でお抹茶を飲みつつお庭を眺めていると、なんだか慌ただしく過ぎてゆく日常から解放されるような、ホッと一息つける空間でした。


今回ご紹介いたしました美術館の展示は、8月25日までの限定開催となっております。

黄金の茶室を見学した後は、心も身体もリラックスできる二の丸茶室にて、お抹茶を頂きながら過ごしてみて下さい。 (静岡緑茶ガイド ティーレポーター・髙橋麻弥)



GreenTeaGuide's 最新の投稿