Loading...

Aug 22, 2017

抹茶餡の餅を作ってみよう

『静岡緑茶ガイド』にて、“ティーレポーター”を務めるTRAN THI THOMです。

今月の緑茶レポートをご覧ください。 


日々暑い日が続いていますね。今月のレポートでは、ベトナムでよく食べられる餅の作り方を紹介します。作り方は簡単。中身の餡には抹茶を入れます。健康的なおやつで、暑い日には最高ですよ。さて、始めましょう。


材料:9個分 
 小麦粉:500g 
 さつま芋:200g 
 抹茶:3g
 砂糖:100g
 タピオカ:20g(粉末を水で溶く。ステップ9の写真に参照)
 ごま



ステップ1

まずは中身の抹茶餡作り。さつま芋を洗って、よく茹でます。そして、皮を剥いて、ミックス機で粉砕します。 


ステップ 2

砂糖、抹茶を入れ、よく混ぜます。



ステップ 3

混ぜたものを小さく分け、丸くします。


ステップ4

次に、皮の部分を作ります。

小麦粉に少しずつ水を入れ、よく練ります。


ステップ5

同じ大きさを分けてぺちゃんこにします。


ステップ6

中身の抹茶餡を全部覆うように丸くします。強く力を入れると、中身がつぶられちゃいますので、このステップは特に気を付けてください。これで餡の出来上がり。


ステップ7

次に鍋に水を半分ちょっと入れ、湧いてから餅を入れます。


ステップ8

浮かび上がってきたら掬って出し、冷水に2分ほど浸ります。そのあと、水を切って別のお皿に並びます。


ステップ9

別の鍋に500mlの水を入れ、砂糖とタピオカをゆっくり、入れながらよく混ぜてシロップを作ります。




最後に、餅を茶わんに入れ、作りたてタピオカシロップを注ぎます。お好みの量のごまを振って出来上がり。どうぞお召し上がりください。冷やしても美味しく食べられますよ。

(静岡緑茶ガイド ティーレポーター・TRAN THI THOM)