Quantcast
Loading...

Jul 19, 2017

ななや

『静岡緑茶ガイド』にて、“ティーレポーター”を務める髙橋麻弥と申します。

今月の緑茶レポートをご覧ください。


今回は静岡市にある「ななや」についてご紹介したいと思います。


私は富士市に住んでいるので、静岡市には、月1回ほど行くくらいです。

最寄り駅から電車でも、車でも、1時間かかります。

新幹線だと、10分で着きます。

静岡県は東海道新幹線や東名高速道路・新東名も通っているので、

東京へ出るのも、関西方面へいくのも、

アクセスしやすいです。

(静岡県は東西に長く、静岡県を抜けるだけでも、時間を要しますが…)


たまにしか行かない静岡市に来たので、

2017年、今年のはじめからず~っと行きたかった「ななや」に、

やっと!

やっと!!

行くことができました。


ところで、皆さんは「ななや」をご存知ですか。


静岡県の抹茶の美味しさを伝えるべく、できたお店です。

静岡県といえば、もちろん、緑茶が思い浮かぶと思いますが

なんと「抹茶」も、全国で3番目に生産量が多いとされています。


静岡県の中でも特に藤枝の抹茶は、品質の良さが高く評価されています。

藤枝の地に第1号店となる「ななや」がオープンされていますが、

今回は第2号店の静岡に行きました。

ななや photo

静岡の抹茶をジェラートやロールケーキなどのお菓子に使い、

幅広い世代の方が楽しめるように作られているそうです。


パフェやケーキもあるみたいですね。

ななや photo


大福も美味しそう!

ななや photo


私は「ジェラート」をいただきました。

抹茶以外にも紅茶などの味もありましたが私は抹茶にしました。

ななや photo

濃さが7段階あります。世界一濃い味No.7と比較できるように、

No.7よりも薄い味No.1を注文しました。

ななや photo

濃さがNo.1とNo.7だと一目瞭然ですね。


No.7は色が濃いので、「むせるように濃いのかな」と思いましたが、

意外と美味しくいただけました

No.1の味は、No.7よりも少し薄く感じました。


今回は選ばなかった中間の味が、気になります。


抹茶の香りはというと…そこまで感じなかったです。

変に甘くなく、抹茶本来の味が楽しめるジェラートだと思います。

また行きたいです。


みなさんも是非一度、「ななや」のジェラートを召し上がってみてはいかがでしょうか。 (静岡緑茶ガイド ティーレポーター・髙橋 麻弥)