Loading...

Jul 19, 2017

天下一闘茶会

『静岡緑茶ガイド』にて、“ティーレポーター”を務める青島 由美です。

今月の緑茶レポートをご覧ください。


茶処藤枝で、お茶を知り尽くした茶商主催による利き茶イベント『第三回天下一闘茶会』に参加してきました。

前日に練習セットを購入し、意気込みはよかったのですが・・・

いつも飲んでいるお茶を基準に5種類のうち1つでも完璧に覚えたいと頑張りました。



大会当日の朝、『朝ラー』を体験。

『朝ラーメン』は、藤枝の茶商が仕事帰りにラーメン店に朝早くから行列をしていて、それを見かねた店主が次第に

営業時間を早めていったのが始まりとのこと。まさに藤枝の茶商が生んだ食文化です。つるりとした喉ごしと日本そばを思わせるさっぱりとしたスープの中華そばが評判になり、温と冷をセットで食べるのが藤枝流とのことです。

私も朝からラーメンを初めていただきました。おいしくてやさしい味なので、朝からなのも納得でした。



闘茶会は、プロが実際に行っているルールで、道具まで同じ物で体験することができました。

普段そんなに使ったことのない集中力と、五感をフル活用して、自分の感覚だけを信じて行う競技です。

茶商さんは、茶工場から出荷された荒茶を闘茶の要領で買い付けをして、火入れやブレンド等仕上げをして製茶するそうです。

お茶王国静岡は生産者だけでなく、高いレベルの茶商がいるからなんだなと思いました。

参加賞に、今回企画してくれた茶商さんの藤枝茶16パックをいただきました。同じ藤枝茶でも、茶商によって仕上げ具合が違うそうです。飲み比べを楽しんで、違いがわかるようになりたいと思います。 (静岡緑茶ガイド ティーレポーター・青島 由美)