Loading...

Oct 7, 2017

反核キャンペーンNGOが北朝鮮の脅威の中でノーベル平和賞を受賞


ノルウェーのノーベル委員会は、北朝鮮の脅威が拡大する中、核兵器の危険性が増していることを世界に警告し、ノーベル平和賞を受賞した。


核兵器廃絶のための国際キャンペーン(ICAN)は、「核兵器の使用の致命的な人道的帰結とその条約に基づく核兵器の禁止を達成するための画期的な努力に注意を喚起する作業」として認められた委員会は言った。


ジュネーブを拠点とする非政府組織への賞は、7月の核兵器を禁止する画期的な国連条約の採択に続くものである。 ICANは広島と長崎の原爆被爆者と協力して条約の運動に努めた。


核兵器禁止条約は、少なくとも50カ国が批准を要求している。


ICANは、国際法のもとで核兵器を禁止しようとするNGOのリーダーシップを指摘して、声明で、「核兵器のない世界を実現する努力は新しい方向性と新たな活力」を与えたことで賞賛された。グループは世界中のイベントを組織し、その原因を支援しました。


「この賞は、原子力時代の幕開け以来、核兵器に大きな抗議を唱え、正当な目的を果たすことができず、永遠に追放されなければならないと主張している世界中の何百万人もの運動家や心配している市民の絶え間ない努力に敬意を表します私たちの地球の顔」と述べた。


この賞はまた、日本の広島と長崎の原爆被爆者、世界各地の核実験の被害者に対する賛辞としても使われている。


「核兵器の使用の危険性が長い間、我々は長い間核兵器を近代化している国があり、さらに多くの国が核兵器を手に入れようとする現実の危険がある北朝鮮の模範だ」と述べた。


同委員会は、「核兵器はさらに破壊的だが、国際的な法的禁則の対象とはされていない」と述べ、世界が核兵器の使用の大きなリスクに直面していると警告した。 ICANは、「この法的格差を埋めるのを助けた」と述べた。


核兵器国が核兵器のない世界を実現するための措置に関与するよう、核兵器国に要請することを歓迎する委員会は、「今年の平和賞は、ゆえに、これらの国に対して、段階的でバランスのとれた慎重さ世界のほぼ15,000の核兵器の廃絶を監視した」と述べた。


2007年に設立されたICANはNGOの連合体であり、約470の団体で構成され、日本の平和艇と主要な運営グループのメンバーの1つです。


「この条約の意義を認め、この賞は、まだ署名も批准もしていない政府にそうするよう奨励するだろう」と、川崎啓明平和ボート執行委員会とICAN国際運営グループのメンバーは、彼のグループ。


米国やロシアを含む核兵器国は、条約に関する国連交渉に参加しなかった。米国の核抑止力に頼っている国のひとつである日本も参加しなかった。


日本外務省の関係者は、ICANに授与されたことに応えて、日本は核廃絶の目標を共有しているが、これを達成するアプローチは異なると述べた。


ICANは、9百万スウェーデンクロノ(110万ドル)の賞金を受け取る予定です。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿