Loading...

Dec 24, 2017

スマートフォンサービスは、日本の洗濯物の競争を促進する



日本のコインランドリーのオペレーターは、忙しいスケジュールを抱える人々の要求に応えて急速に成長している業界の競争を激化させる可能性のある顧客の利便性を高めるスマートフォンサービスを導入した。


先月東京の近くの千葉県で、オペレーターウォッシュプラスが先月、スマートランドリーサービスを導入した。登録されたスマートフォンを使用して、洗濯機の占有状況を確認したり、服を持ち上げる準備ができていることを通知したり、支払いを行うことができます。領収書は電子メールで入手できます。


千葉、東京、北海道で8つのコインランドリーを運営するウォッシュプラスは、全国の100店舗で新技術を提供することを目指している。


千葉県浦安市の社長、高梨健太郎氏は、「余分なものを提供できるサービスを提供して、より多くの顧客を獲得したい」と語った。



近年、平日に家事をする時間がほとんどない二倍の所得世帯からの需要増加に対応するため、多くのコインランドリーが日本で開店しています。


さらに、セルフサービスの洗濯は、多くの場合24時間営業の店舗で定期的にスタッフを駐在させる必要がないため、比較的簡単に開始できるビジネスと考えられています。


政府のデータによると、2014年3月末の日本には、約15年前から1.5倍のコインランドリーが16,700あったことがわかります。


一方、コンビニエンスストアチェーンであるファミリーマートは、2020年2月までに500店舗近くの店舗に店舗をオープンする予定です。


中村智彦教授(神戸国際大学地域経済担当教授)は、最近、セルフサービスの洗濯台数が急増したため、市場は飽和状態に近づいていると語った。


「オペレーターは、質の高いサービスの提供や他の業界との協力など、価格競争の激化を回避する必要があります。



©KYODO



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com