Loading...

Nov 11, 2017

ビールの愛好家は広島に集まりますが、申し訳ありませんが、2はあなたの限界です

広島 - 日本の広島でビールの愛好家のために、90分まで待つ小さなバーが賑わっています。秘密は注ぎ込まれていますが、1つの漁獲量があります。それぞれの人はわずか2つの飲み物に限られています。




日本の中国地方最大の長居川の有名なエンターテイメント地区にあるビールスタンド滋の味は、寒いものを500円で提供しています。他のアルコールは提供されず、座席もありません。長い行は週末には珍しいことではありません。だから、なぜ待つ?


人気のあるビールブランドを提供していますが、違いは配達にあります。 「注ぐだけで15種類のビールを作ることができます」と、タップを担当している重家豊(54)さん。


元々、大正時代から3世代(1912-1926)に引き渡されていた酒屋は、2012年に店舗の一角にスタンディングバーが追加され、「当時はビールだけ」本当においしいドラフトを飲むことができます。


いくつかの種類のビールを持つメニューでは、第一次世界大戦の前に使われていた古いタイプのビールタップを使っています。傾いたガラスはスピゴットから勢いよく流れるビールを優しく捕まえる。 Shigetomiは、泡が溢れているように見える泡を、スパチュラでスライスします。


ガラスにビールがいっぱいになると二度目に泡が注がれ、泡の一層一品ソーソギが泡の細かい風合いでこぼれる。優しい香りが、まったく違うビールのように見えます。



Shigetomiは彼のビールのタップのメンテナンスに特別な細部を支払うだけでなく、彼はガラスのクレンジング法を持っていて、「味の80%」をもたらすと言います。


Shigetomiのために、飲むのに美味しいビールを見つけるのは簡単でしょう。彼は、ビールを注ぐ方法についての様々な場所でセミナーを開催し、他のレストランと寛大に彼の技術と工芸の知識を共有しています。


「広島にあるレストランでは、いつか私がやるよりも良いビールを飲みたいと思っていて、酒屋に捧げたいと思っています。


「Beer Stand Shigetomi」を熱狂的な人たちのためのスポットにしてくれるもう一つの要素があります:バーは、午後5時から午後7時まで、1日2時間しか営業していません。


「一日の終わりには、私たちは本当に酒屋です。レストランとの競争はありません」とShigetomi氏は言います。


その理由から、ビールスタンドのモットーは「ゼロリピーター」です。彼の機能は、わずかに中毒した夜間のエンターテインメント地区に顧客を送り出すことです。


ちょうど確かめるために、この記者は別の詰め替えを求めたが、レトルトを持っていた。「あなたがどれくらい私に尋ねるかは関係ありません。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿