Loading...

Nov 20, 2017

日本の公立高校トイレの西洋スタイルの36%のみ:調査

日本の公立高校トイレの西洋スタイルの36%のみ:調査 photo


日本の県立高校のトイレの平均35.8%が西洋風だったとの調査結果は、1960年代から1970年代にかけて主に建設されたトイレの近代化には国庫補助金がなく、優先順位が低いことを反映している。


県立高校の西洋式トイレの割合は、昨年11月に発表された教育省の調査で43.3%だった公立小・中学校のそれよりも低かった。


全国の約3200の県立高校の約22万5000人のトイレのうち、約8万人がトイレに座っていた。一方、4月1日現在では、トイレが14万5000台あった。学校。調査は宮城を除くすべての都道府県を対象とした。


擁護派は、多くの学生が自宅で座っているタイプを使用しているため、トイレを近代化するように学校に促している。また、避難所としての災害時に高齢者や障害者の利用を容易にするために、


トイレの改装費用の3分の1は州補助金でカバーされているため、公立の小中学校では洋式トイレの割合が高いが、高校にはそのような財政援助は行われていない。高等学校では、教育省によると、改修費用は数億円に達する可能性がある。


多くの高等学校は、トイレを改修するよりも、学校の建物の耐震性を高めることを優先しています。


学校で洋式のトイレが不足しているため、スクワットのタイプを避けている子供たちが後退する傾向があり、便秘になる可能性があるという懸念が強まっています。いくつかの専門家は、スクワットトイレの周りの床が飛び散って汚れやすくなるという衛生上の問題も指摘しています。


議員団の一員は、洋式のトイレは、スクワット型に比べて水を節約でき、長期的には改修費用を回収できると述べた。


「政府は、高等学校にも支援を提供すべきだ」と述べ、「衛生的で反政府的な立場から、トイレを座っているタイプに切り替えることが緊急に必要だ」と述べた。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com