Loading...

Oct 28, 2017

歌舞伎の俳優、外国人ファンに日本の芸術の美しさを味わってもらいたい



東京の歌舞伎俳優、市川恵比寿(イチカワ・エビゾ)は、海外の観客に「形」の美しさを伝える日本の伝統的な芸術を楽しんでもらうよう促した。


第30回東京国際映画祭のイベントで、歌舞伎座劇場で「声楽の壁がある。私が海外に行って公演を観ると、その意味をすべて理解しなくても、関連することがある」と語った。フェスティバル。


水曜日に開かれ、11月3日に開かれたこのフェスティバルでは、歌舞伎を特集したイベントが4年連続で行われました。



「歌舞伎は形の美しさであり、自分が運ぶ方法に合わせて作られているので、海外のオペラやバレエなどの形をしている」と語った。年。


歌舞伎を聴いている日本の独特の音楽も気になるものだと付け加えた。


彼は、江戸の首都で最も騎士的な男として告げられた、五代目五郎堂としての演奏「男の吉原」の前に発言した。


テレビで歌舞伎役を演じている恵比寿氏は、夜の演奏で全員に声をかけ、海外の多くの人が歌舞伎を初めて見ていると話した。


歌舞伎には、精巧なメイクや衣装を着た男性の俳優が登場する。


彼の演技では、恵比寿のゴロゾのキャラクターは、師匠ケイジとの愛の話を語ります。彼の恋人を見る途中で、彼は彼に恨みを持って怒っている男性に襲われているのが見られる。


1954年、カンヌ映画祭で最優秀賞を受賞した日本の映画「地獄の門」も上映されました。デジタルで復元された映画が展示されました。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿