Loading...

Apr 9, 2018

沖縄の米軍基地移転のための7月の目撃

日本政府は7月、沖縄南部の米軍基地移転問題で、7月の土地埋立作業を開始する予定。


沖縄の混雑住宅地からの米海兵隊基地普天間基地の移転は、拠点が全県から撤退することを希望する地元住民の強い反対に直面している。


沖縄の米軍基地移転のための7月の目撃 photo

(普天間飛行場)


政府は既に仁王半島の辺野古沿岸部に護岸工事を開始しており、陸揚げ計画を進めることで、基地移転の防止を約束している沖縄の岡永知事にも圧力がかかりそうだ。


日本の国防総省から絶滅の危機に瀕しているサンゴの移転を拒否したことで、建設は遅れたものの、現在はサンゴをそのまま保全する計画だという。


これにより、6月までに南側に面した護岸の建設が完了し、翌月に土地充填工事が開始される。


悪天候や抗議が激化すると、計画が遅れる可能性があります。東京は最初当初の別の場所を取り戻すつもりだったが、別の種類の希少なサンゴがそこに住んでいたために阻止された。


沖縄には、駐留米軍の大部分が駐留している。地元住民の多くは、第二次世界大戦の戦場となった重大な犠牲者を出した県に不公平な負担をかけると述べている。


昨年3月には、前任者の土地充填の承認を取り消すと脅し、仕事が始まる前にそうする予定です。


沖縄の米軍基地移転のための7月の目撃 photo

(沖縄県名護市)



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com