Loading...

Oct 20, 2018

中国輸入禁止後の日本でのプラスチック廃棄物の積み増し

中国輸入禁止後の日本でのプラスチック廃棄物の積み増し photo


環境省のデータによると、中国では廃棄物の輸入を禁止した後、多くの地方自治体が苦労している日本で、プラスチック廃棄物が積もっている。


省庁の調査に応えた102の地方自治体の約4分の1によると、地元のスクラップ会社に保管されているプラ​​スチック廃棄物の量は1月から7月にかけて増加し、一部の積み重ねられた廃棄物は法的な限度を超えていた。


日本は年間150万トンのプラスチック廃棄物を輸出しており、昨年までに廃棄物をリサイクル目的で輸入した中国に約半分を輸出した。 2017年後半には、中国は環境汚染に対する懸念からプラスチック廃棄物の受入れを中止した。


政府は不法投棄が確認されたものの、一部の地方自治体が未処分の未処刑事件を心配しており、政府はさらにその状況を調査するとしている。


調査では、122の地方自治体と605の廃棄物処理業者を対象に、1月から7月のプラスチック廃棄物管理状況について質問し、102の自治体と175の企業が回答した。


5つの自治体で制限違反が発見され、34の市町村ではゴミ箱を探すのに苦労していると答えた。


プラスチック廃棄物処理は、プラスチックを焼却または細断する中間処理業者の56%、最終処分業者の25%が埋立地の廃棄物を埋立て増加した。


合計34.9%の企業が、彼らが受け入れるプラスチックの量を制限したり制限したりすると言っていた。


日本は米国に次いで1人当たり最大のプラスチック廃棄物を生産しており、環境汚染の懸念が高まっているにもかかわらず、プラスチックの使用を抑制するために他の国に遅れをとっている。

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com