Loading...

Oct 9, 2017

ソーラーカーはオーストラリアの中心を通って3,000kmの旅を始める

ソーラーカーはオーストラリアの中心を通って3,000kmの旅を始める photo


オーストラリアのダーウィン - オーストラリアのダーウィンの都市から3000キロの耐久レースで大陸の中心を通り、日曜日に出発した38台のソーラーカーの中に、4つの日本チームがいました。


19カ国・地域のチームが今年のワールドソーラーチャレンジに入り、アデレード南部のフィニッシュラインを席巻しています。


彼らは土曜日に開催されたタイムトライアルでダーウィンを出発し、名古屋工業大学の車「Horizo​​n 17」はベルギーのエントラント「Punch Two」の後ろで2番目に離陸した。


名古屋工業大学の田中弘樹チームディレクターは、今年のレーサーに様々な設計変更を加え、2015年に16位に入ったときのパフォーマンスを改善することを望んでいると語った。


ソーラーカーはオーストラリアの中心を通って3,000kmの旅を始める photo


「20年前の田中は、前のマシンと比べ、空力とエネルギーロスを考慮した(今年)と、私は本当にうまくいくと信じている」と語った。


ダーウィンを出発する第二の日本チームは、東海大学の「東海チャレンジャー」車でした。


東京エリア大学は2009年と2011年に世界ソーラーチャレンジを受賞した今年のお気に入りの一つです。


チームリーダーの木村秀樹は、レースの状況を予測するために、彼らがリアルタイムで気象パターンと同様に車を追跡するのに使用するコミュニケーション衛星画像をKyodo Newsに示しました。


53歳の木村教授は、「オーストラリアの中央にあるアリススプリングスには、雲量が多いことがわかっている」と述べ、チームが準最適条件に対応する計画を変えなければならない可能性があると指摘した。


ワールドソーラーチャレンジのイベントディレクター、クリスセルウッドは、各チームが考慮すべき考慮事項の数が挑戦的な競争のためになると述べた。


「レースは非常に複雑で厄介なものだ」とセルウッド(69歳)は交渉した。


チームの主な目標はエネルギー効率を管理することだから、戦略は重要だ...チームの10-15%以上が自力でチャレンジを終えるとは思っていない」


今年で30年目を迎えたワールドソーラーチャレンジは、テスラ、NASA、Googleなどの企業の才能のスカウトがチームを監視しながら、ソーラー技術の革新のための世界有数の試練の1つになっています。


見学者の注目を集めるデザインは、東京学芸術大学の「翼」の車です。


44歳の浜根寛人准教授チーム長は、独特のデザインが自然界にインスパイアされていることを、京都ニュースに語った。特別に設計され湾曲したソーラーパネルの形は、空気の流れを模倣している。車両。


"この車では、実際には、我々はこれを設計していない、自然を設計したと言うことができる"とHamaneは言った。


しかし、すべてのチームが最先端の機械を使って車を作ることはできませんでした。


名古屋工業大学と広島に拠点を置く五郷高校の両方が自信を持って手作り車を運転しています。


名古屋学生は大学のソーラーカークラブを通じて車を建て、自動車のカーボンファイバーボディを手で削って生産コストを節約しました。


「ラボ空間、時間、お金がなく、自分のスキルに頼っている世界のステージで競い合うものを作るのは難しいですが、今年はスポンサーが今年よりも多くなっています。彼らの支援に非常に感謝しています。


レースは、木曜日から南オーストラリア州首都アデレードのフィニッシュラインに達する予定です。


ソーラーカーはオーストラリアの中心を通って3,000kmの旅を始める photo


ソーラーカーはオーストラリアの中心を通って3,000kmの旅を始める photo



©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com