Loading...

Nov 30, 2017

東京ディズニーパーク運営会社300億円円の拡大

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの運営会社オリエンタルランドは2つのテーマパークを拡張するために約3,000億円(27億ドル)を費やす予定だという。


同社は、2025年までに既存の公園を30%増やして新しい地域の建設を開始する計画だという。


スペースを解放するために、首都のすぐ外にある浦安の広大な東京ディズニーリゾート複合施設内の公園に隣接する駐車場は、複数の建物になっています。同社は追加の土地を取得する予定もある。



オリエンタルランドは、ミッキーマウスからスターウォーズへの財産権をライセンスしているウォルト・ディズニー社との交渉を進めており、詳細は来年5月までに解雇される予定です。


2001年のディズニーシーに340億円を出資して以来最大の投資は、日本の少子化や大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどの競争相手との競争が激しさを増している高齢者や外国人観光客を誘致することを目的としています。上海と香港にある他のディズニーパーク。


この拡張はまた、公園での混雑を緩和するのに役立つだろう。


ある外国人観光客にアピールするため、新しいテーマには日本のテーマがあるかもしれない、との情報筋がある。


同社の連結売上高は、2013年度以降実質的に増加しておらず、2016年度の両方の公園訪問者は、前年度から3,000万人にわずかに減少しました。



©KYODO


By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com