Loading...

Mar 11, 2018

リトル・タイム・オフ

日本での生活は時には急いでいるかもしれませんが、


それはあなたの起源によって異なります。



インスタンスの場合、オーストラリア人として、私はしばしばいくつかの雰囲気を求めて自分自身を見つけます


近年、私の答えはすべて最終的にはテンプルに向けられていました。




しかしながら、



神奈川に実際に住んでいるだけで、伝統的な寺院のほとんどが人でいっぱいになっています。私のために、私は自分の考えで一日を過ごすことができるどこかの贅沢だった。


最近私は公園についた。


呼び出される:


サンケイエンガーデン。 (三溪園)





大人が入るには700円かかりますが、たった700円は内装のために安く感じます。季節の花と古代の建物がいっぱいの庭園は、ZENの雰囲気を演出しています。




横浜の中区本牧にある伝統的な日本庭園は、桜木町駅からバスで30分です。バスはプラットフォーム2号線から出発します。サンケイエンバスは45分おきに公園に直行しますが、8番または140番のバスでは本牧へ行き、徒歩圏内にあります。 (情報はhttp://www.sankeien.or.jp/en-access/index.htmlを参照してください)



あなたの空腹を満足させる方法を飲んだり、食べたりするものを買うことをお勧めします!




人々は、この静かな空間によって放出された雰囲気を本当に楽しむために、自分の絵画ボードなどを持っています。 17:00は営業時間が短すぎると感じていますが、09:00からの完全な雰囲気を楽しむことができます!特に東京や横浜の忙しい地域では、本当にやらなければならない時間感覚が失われます。



毎月、その庭園は、広がる畑の上に新しい形の光を咲かせます。地元の人々は、1年中いつでも入場可能なパスを支払うか、完璧なタイミングを求める人は10エントリーのチケットがあります。あなたが横浜に住んでいるなら、これは必見の庭です!





だから、何もない日を作って、


そして探検!




いつものように、


落ち着いて。


RK

By JapanCast
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com