Loading...

Nov 2, 2017

容疑者は自殺希望者に連絡するためにTwitterアカウント "hangingpro"を使用した



マンションで解体された9人の遺体を発見したことで逮捕された男が、自殺を希望している人たちと連絡を取るために、ハンギングに関する知識を誇るユーザー名「hangingpro」のTwitterアカウントを使用した。


白石隆弘氏は、9月に「吊り上げの知識を広げ、本当に痛みのある人に助けを求めたい」という趣旨で口座を開設したとみられる。


白石氏は、「ハンギングプロ」のハンドルを使って、「一緒に暮らそう」などのメッセージでTwitterで自殺感情を表明した女性に答えた。


10月6日に「hangingpro」は、「あなたが自殺する前に死ぬつもりであることは、友人、家族、ソーシャルネットワーキングサイトに伝えることは良いことではない」と書いている。


このポストは、自殺を考えている人々が周囲の人々によって執拗になるのを防ぐための試みとみられているという。


警察は、27歳の失業中の男性が、東京近くの神奈川県の自宅で自宅に帰り、Twitterで連絡して殺害した人を招待したと考えている。


調査員は白石が複数のTwitterアカウントを使って被害者と連絡を取ったことを知った。


関係者によると、衣服や携帯電話などの犠牲者の身の回り品は容疑者の家には見つからず、犠牲者の特定に挑戦しているという。


身体に関しては、白石容疑者は、「トイレに捨て去った後、その一部を捨てた」と言っている。白石容疑者のアパート近くの居住者は、近くのガーベッジコレクションポイントでビニール袋を処分する容疑者を頻繁に目撃したと語った。



9人の犠牲者は、20歳前後の女性、8人の女性と考えられています。


白石容疑者は、9人が死亡、4人が17歳、4人が20歳前後、20人が20代後半になったと警察に伝えている。


彼は、警察によると、犠牲者の正確な名前と年齢を知らないと述べた。


犠牲者を特定しようとすると、警察は2015年4月以降家族の要請で集められた行方不明者のDNAのデータベースとDNAを照合する作業を行っているとみられている。


9月末現在、データベースには、犯罪や事故に関与して自殺したり、行方不明になったりする恐れがある約4000人の人々のDNAが登録されています。


白石容疑者は殺人容疑で逮捕されたが、昨年十月末に東京都西部の八王子市に住む23歳の女性が消滅した事件で、


白石容疑者は、8月から10月にかけて冷静な箱の中に隠し、処分すると、身元不明の身体を切り裂く容疑で逮捕された。


彼のアパートにある8つのクーリングボックスのうち7つで9つの遺体が発見されました。殺人事件で使用されていたと思われる血液の汚れ、紐、紐が付いたナイフもそこに見つかった。




©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com