Loading...

Apr 13, 2018

1人が死亡、5人が日本南西部の地すべりのために説明されていない

大分県大分市の南西部の観光地で大規模な地すべりが発生し、1人が死亡し、残りの5人が遺体に関与していないことが分かった。


土砂崩れはしばしば大雨や地震によって引き起こされますが、その地域では過去の雨や地下水が原因であると推測する地質学者を率いる者はいなかった。




景色の八方根の谷にあるヤバケイの町で、午前3時50分ごろ、家の後ろに山の斜面が崩壊した。杉で覆われた崩壊した斜面は、幅約200メートル、高さ100メートルだった、と警察は言った。


中津市の地方自治体によると、岩下義典容疑者(45)は、救出隊員が瓦礫で彼を見つけた後、死亡したと確認された。


21歳から90歳の5人の女性は、未だに説明されていない。岩下氏と5人は地滑りで襲われた4棟のうち3棟に住んでいた。



大分県政府が支援を呼びかけた後、約200人の警官と消防士が捜索中で、自衛隊も現地で救助活動を開始した。


地すべりの原因は不明で、地元の気象観測所では、24時間から午前4時の間に0.5ミリメートル以上の降雨は記録されていないとしている


地滑り敷地から約2キロ離れた76歳の男性は、熊本県と大分県の大地震が発生した後、地元住民が釈放されたと感じたと付け加えた。 2016年



過去の降水量や地下水が地すべりを引き起こす要因となった可能性のある事例を挙げて、「稀ではあるが、直前に降雨がなくても地すべりが起こる可能性がある」と、Sabo&Landslideテクニカルセンターの小野博之は述べた。


大規模な地すべりではなく、いくつかの小さな地すべりがあり、その原因を明らかにするために徹底した調査が必要だと考えている。


九州大学の地質工学教授の三谷康弘教授は、雨が降っている可能性があり、「時間の経過とともに山の表面の亀裂が崩壊する可能性がある」と語った。


都道府県は、地すべりが建物を傷つけ、住民の生活を脅かす特別な地域として指定されています。




都道府県は、1991年に風が木々に打ちつけられた後、岩が山を下って落ちるのを防ぐためのフェンスを建設したが、地すべりを防止していない。


いくつかの平方メートルを測定する大きな岩は、最新の地すべりでフェンスを押しつぶして転落した。


この町は、八幡平温泉国立公園の一部であり、地方自治体によると、毎年80万人の観光客が訪れる景色の良い八方渓の谷にあります。





@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿