Loading...

Oct 23, 2017

イルカを阻止した後に逮捕された活動家

和歌山県の動物園で行われた演劇で、プールに飛び込んでイルカショーの閉鎖を疑った2人の活動家が逮捕された。


パトリス・ヨハネス・マーティンヌス・ヤンセン(32歳のオランダ人)は、10月11日から約1週間、県内の有名な捕鯨町である太地でのイルカの狩猟を監視していたという。


(Nankou Oronain(as365n2)-CC-BY-SA-3.0)


その後、Janssenは少しずつ和歌山を出発した。彼は土曜日に戻って、23歳のベルギー人のキルステン・ド・キンペ(Kirsten De Kimpe)を連れて来ました。


警察によると、2人は観客の席からショーを見て、ショーの間に突然プールに飛び込み、太地でのイルカの殺害に抗議するプラカードを掲げたと言われていた。彼らの行動は、白浜のアドベンチャーワールドで午後のショーをやめた。


イルカの狩猟に反対する外国人活動家がショーを妨害する可能性があるという情報のため、当時警察は当時公園に警戒していた。


太地はイルカの狩猟を描写したドキュメンタリー映画「ザ・コーブ」が2010年にオスカーを受賞した後、世界的な注目を集めました。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿