Loading...

Dec 21, 2017

沖縄は米軍の学校運行停止を要求する



沖縄県議会は、先週、アメリカのヘリコプターから学校の敷地内に窓が落ちた後、学校や病院に飛行機や飛行機の飛行を停止することを要求する決議を全会一致で採択した。


事件に対する抗議の決議は、CH-53E輸送ヘリコプターから、米海兵隊駅に隣接する小学校の遊び場に窓が落ちた後、「沖縄の人々の生活にとって、これ以上の脅威は許されない」と述べた宜野湾市の普天間。


普天間飛行場には約90平方センチメートルの金属製の窓が7.7キログラム落ちた事故に抗議し、南方の島の市議会でも同様の決議が採択され、54人の生徒が体育活動に参加する。


安倍晋三首相とウィリアム・ハガティ駐米大使に宛てた決議と声明では、10月のCH-53Eチョッパー打ち上げなど、事故が頻発していることが指摘されている米軍の訓練場の近くにある東の村の私有地。


議会は、「沖縄の人々には、同様の事故を防ぐための米軍の措置が機能していないことを鮮明に示しているため、不信感が増している」と述べた。


地方議会はまた、日本政府が、安倍氏と元沖縄の中京広和知事との間で、普天間飛行場の運航を2019年2月までに中止することを約束した。


ウインドー事件後、火曜日の午後、ミシガン州のCH-53Eヘリコプターの飛行が再開された。日本政府はこの決定に緑色の光を与えた。



©KYODO



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com