Loading...

Sep 25, 2017

安倍首相は税収総選挙を呼びかける、北朝鮮政策



安倍晋三首相は17日、衆議院議員を辞任し、総選挙を控え、将来の税収の利用の変更と閣僚の脅威に対する政府の対応について公共の義務を求めると発表した。北朝鮮から。


「表現なしの課税はない。税制を利用することを約束したやり方を変えようと大きな決断を下したが、我々の決定に対する国民の支持を求めなければならない」と記者会見で語った。


安倍晋三官房長官は、2019年に予定されていた消費税率引き上げによる収入の割合を社会福祉に向かわせる方針を明らかにした。このような大きな変化は、 。


彼は、日本の出生率低下や高齢化に対処するために、「生産革命」と「人的資源管理革命」が必要だと述べた。


そのために、政府は無料就学前教育やその他の社会的支援を中心に、年末までに2兆円(178億ドル)の経済体制を展開する予定である。


同代表は、これが社会福祉への支出を増やすことを要求しているとしているが、現在は増税措置の約5分の1を占める予定であり、残りは借金を返済して財政再建に向かう予定である。


安倍晋三官房長官はまた、北朝鮮の脅威に対処するために、軍事行動を含むすべての選択肢が「台頭している」という米国の姿勢に対する日本の支持を含む、「強力な外交」の公約を更新したいと述べた。


選挙は10月22日、10月10日に正式に開幕する予定で、自民党の公明党首脳を務める山口夏男首相との会談後、記者団に語った。


安倍晋三官房長官は、与野党が少なくとも過半数を維持するという目標を達成していないとすれば辞任すると述べ、自民党、公明党、その他の国会議員が3分の2それが1947年に施行されて以来初めて。


両議院の3分の2の大多数の支持は、正式に改正案を提出することが法的に求められている。


人口密集地域と人口密集地域との間で投票の重みの格差を縮小することを目的とした選挙改革は、総席数を10から465に減らし、連邦議会は目標を達成するために233人以上の議席を必要とする。


安倍晋三官房長官は記者会見で憲法は全く言及しなかった。 2020年に改正が発効するように、同議長は5月にこの問題に関する議論を加速するよう呼びかけていたが、連立議会議員はその時系列で水を投棄している。


野党は2018年12月に期限が切れる前に、下院を解散するという阿部議長の決定を批判したが、これは、首相がこれ以上前向きにしたクロニズムの主張を避けようとしていると主張している年。


民主党と他の野党は、与党に反対する候補者を共同で支持する可能性を検討して、選挙の準備を始めている。


安倍晋三官房長官は、安倍晋三(安倍晋三)議長が自民党の解散計画を発表する直前に、小池百合子東京総裁は、「国民党」と呼ばれる国家レベルの政党を新設すると述べた。


彼女の発表は、独立した下院議員と小池議員との交渉の結果と、最近民主党を辞任した元環境大臣を含む他の政党の脱北者との間の交渉の結果についての数週間の推測を終わらせた。


ガバナーになる前に自民党議員を務めた小池氏は、新党が全国に候補者を派遣することを明らかにした。彼女は、党の活動とともに知事の任務を続けると述べた。


投票者には、選挙区の候補者のためのものと、地域ブロックに分割されたリストからメンバーを選出する比例代表投票の2つの投票が与えられます。


共同通信によると、週末に比例代表投票を実施すると、自民党は27.0%、民主党は8.0%、公明党は4.6%だった。


投票する側がまだ決まっていないと答えた人は42.2%、小池キャンプが主催する新党を支持すると答えた人は6.2%だった。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com