Loading...

Dec 6, 2017

「非行」に転じているスタッフ不安の企業



東京の新興企業が、若い青年とみなされている地域の非大学卒の卒業生と深刻な労働力不足の企業を結びつける新たな職業インターンシッププログラムを発表している。


Hassyadai社は、東京以外の高校や中学校の卒業生が就職情報や仕事の選択肢を増やすことを支援し、大学卒業者に対抗する機会を提供することを目的としていると語った。


クライアント企業はプログラムに高い承認を与えています。 Hassyadaiは、昨年の秋にプロジェクトを開始して以来、約100人の若い求職者を訓練しました。


参加者が16歳から22歳までの「ヤンキーインターンシップ」と呼ばれるこのプログラムは、ヤンキーのカテゴリー - 延滞していない青年のための日本語スラングを含むという点で独特です。


そのような若者は、スタッフが必要な企業の間で潜在的な労働者として人気があります。なぜなら、彼らは「邪悪な人たちです」Hassyadaiによると。


同社の橋本茂人氏(26歳)は、「実際には多くの人が本格的に真剣に取り組んでいる」と述べた。


9月下旬に、Hassyadaiは東京渋谷区の事務所で約30名の研修生のインターンシップを行いました。


「プログラムに参加するだけで満足するべきではない」と、ハッサダダイ顧問の上田博文(33歳)が語った。 "どのように成長したいのか想像する必要があります。"


Hassyadaiは、研修生に東京の宿泊施設、英語の会話、プログラミング、ビジネスエチケットのレッスンを提供しています。平日は、戸外でインターネット接続を販売しています。


セッションでは、参加者は、プログラムの重要性と信じられていたことについて話すように求められ、グループ内の他の人から出された質問に答えました。


彼らは、「あなたの話は経験に基づいており、分かりやすいが論理的ではなかった」「あなたは多くの時間を費やしていたが、私の質問には全く答えなかった」というようなフィードバックを受けた。


上田は、キーが研修生に開かれるようになっていると語った。


「研修生が自分の意見を理解し、彼らが取り組まなければならない問題を理解するのを助けるために率直に意見を述べることを目指す」と上田は語った。


橋本教授は、「私たちの最大の目標は、これらの若者と大卒者の首都圏間の情報格差を縮小することだ」と述べた。


武田正博(20歳)は7月からプログラムに参加している。 2年前、富山県の富山県の高等学校を日本海沿岸で卒業し、大企業の工場で働き始めました。


しかし、彼は職務上の不利な立場で、年功序制と単調な仕事を見つけたので、辞めることにしました。彼はHassyadaiのプログラムに参加し、より良い機会を求めていました。


「野心的な仲間と仕事をして、将来自分のビジネスを始めることを願っている」と武田氏は語った。


Hassyadai氏は、このプログラムについて企業から数十件の問い合わせを受けたと述べ、主に口頭で顧客企業に次のような評価を得ていると述べた。


10月にハサヤダイ卒業生をフルタイムの従業員として雇用した人材派遣会社の関係者は、「会社を選ぶ会社を卒業した大卒者よりも飢えており、若くて精力的だ」と話した。


20歳代の人口は1年あたり100万人を超えているにもかかわらず、毎年約40万人の新卒者しか雇用されていない。つまり、青少年の半分以上が短大や職業学校の非卒業生である。


教育省の調査によると、前年度の高校を卒業した18万8000人のうち、3月に終了した人は98%以上が雇用されていた。統計によると、高校卒業者の60%未満が同じ会社に3年後に滞在している。


労働政策研究院の堀幸恵研究員は「高齢者の雇用に積極的に取り組むことができれば、高卒者の採用が増えている企業が増えている。成長しています。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿