Loading...

Apr 11, 2018

フェスティバル - 足立区市民祭(東京)

フェスティバル - 足立区市民祭(東京) photo


数年前、東京都北部の23区の足立区に住んでいました。ワーキングホリデービザの当時、私はしばらくの間、小さなシェアハウスに住んでいました。私の目には、生きていくのにはとても良い場所です。


5つの列車が走っている北千住駅 (JR東日本、東京メトロなど)との良好な列車接続があります。駅前には、スーパーマーケットや100円ショップなど、生活に必要な最も重要なお店がある小さなショッピング街があります。いくつかのレストランチェーンには店舗があり、地元の人々からの小さなレストランもあります。


分譲住宅は北千住駅からわずか5分、歩いて5分歩いて私の好きなスポット、 荒川(荒川)の池に連れて行った。川は埼玉から来て東京湾で終わる。有名な隅田川がその枝です。東京の大都市の群衆を逃れるために、川のほとりを時折歩くのが楽しいです。


フェスティバル - 足立区市民祭(東京) photo


10月のある朝、私はドラムの音に目を覚ましました。私は実際に日本の伝統的な祭りの大ファンだから、太鼓を聞きたいです。音がどこから来ているのか不思議でしたので、私は服に入って外に出ました。ドラムの指導で私は川で終わった。通常空だった巨大な会場や野球チームやスポーツをしている他の人々が突然、多くのカラフルなテントや人々で満たされました。


フェスティバル - 足立区市民祭(東京) photo


Aフェスタは、荒川のほとりにある虹の広場(虹の広場、レインボープラザ)で数年間開催されている足立区民祭りです。通常、10月の初めに週末に開催されます。大人と子供のために作られた、あなたは祭りであなたの時間を楽しむために異なるゾーンを見つけることができます。確かに、ゲームやスポーツ活動の子供たちのための場所がたくさんあるので、それは家族のための素晴らしいお祭りです。しかし、大人としてもあなたはそこで楽しむことができます!


フェスティバル - 足立区市民祭(東京) photo


フェスティバルのステージでは、両方の日にプログラムがあります。子供やアマチュアによる地元の団体の公演や舞踊を中心にしていますが、見るのは楽しいことです。昨年はファッションショーやコンテストも行われていました。


フェスティバル - 足立区市民祭(東京) photo


特別なショッピングゾーンも建設されています。そこには地元の製品だけでなく、バ​​ザーや子供のフリーマーケットもあります。確かに、日本の祭りで食べ物を逃してはいけません。数年前にそこにいたとき、私たちは三色のダンゴとカキゴリ(シロップをかけた剃った氷)を食べました。しかし、川沿いと商店街のレストランを見ることもできます。フェスティバルが開催されている間、特別なオファーがあります。


フェスティバル - 足立区市民祭(東京) photo

フェスティバル - 足立区市民祭(東京) photo


川のほとりにいるので、カギゴリを食べ、音楽をバックグラウンドで聞くと、日本の夏のお祭りに戻ってきました。 10月の始まりだったにもかかわらず。私はフェスティバルをたくさん楽しんだし、週末の両日に見ました。この時代に戻って考えてみると、いつも元気で、ちょうどノスタルジックな気持ちがあるので、もう一度行くことができます。


イベントウェブサイト: http : //adachikanko.net/a-festa

By YokoLostinJapan
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com