Loading...

Dec 4, 2017

外国人に目を向けると、日本の観光貿易はクレジットカードに変わる



東京では、地元のレストラン、お土産屋、寺院などでも、国際的な習慣を持つ外国人のお客様に、日本では採用されていない現金ではなく、クレジットカードで支払うことを望んでいる。


2020年の東京オリンピックやパラリンピックに向けた観光ブームのために、主要なクレジットカード会社は地元の企業にポータブルデバイスを提供しているため、外国の顧客は自国で慣習的な慣行。


9月中旬には、東京の渋谷地区にある南欧料理の店「The Rigoletto」のバーにスウェーデン出身の顧客がテーブルに座ってカードを盗みました。彼は利便性が彼に家に帰ったことを思い出させたと彼は言った。


ウェイターがタブレットに請求書を提出した後、お客様がポータブルデバイスに確認するためにPIN番号を入力するだけのフォーマットは、4月にレストランで導入されました。


「カードをもっと使用しており、これらの端末は、テーブルでお支払いに慣れている外国人のお客様に便利です」とレストラン従業員は述べています。


カード会社三菱UFJニコスは、昨年11月、全国の系列加盟店でシステムを開始した。アプリをダウンロードするだけで、携帯端末とワイヤレスでデータを交換できます。



システム開発を担当するある会社の役員は、「店内、特にレストランのどこでも使用できる支払い方法が強く求められている」としている。


日本政府は、クレジットカードによるキャッシュレス支払いの割合を今後10年間で2倍にし、国内で約40%にすることを目指している。


寺院のような伝統的な場所を含むツーリストスポットは徐々にプラスチックを受け入れるようになりました。


高野山仏教の本殿である金剛橋(金剛山)。和歌山県西日本の高野では4月から入場料のクレジットカードを受け入れ始めた。


カード決済は、北海道と長野県の最北端にあるスキーリゾートでも人気が高まっています。


国内の観光地は今までクレジットカードを受け入れることを嫌っていました。なぜなら、顧客は通常、入場料やお土産に少額しか支払わず、投資に値するものではないからです。


米国のIT企業であるスクエアは、スマートフォンを使用してクレジットカードの支払いを受け入れるために、小型デバイスを使用して、iPhoneなどのモバイルデバイスに接続しています。


2013年に日本で事業を開始した同社は、このシステムが特に小規模店舗で人気があることが証明されているとしています。


ここ数年で、同社はシステムを採用した店舗の数が着実に増加しているのを目の当たりにしています。


日本の腕は、2020年の東京大会へのシステムのさらなる拡大を期待していると語った。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿