Loading...

May 10, 2018

東京モデル鉄道バー、全く新しいカウンタージオラマを明らかにする

東京モデル鉄道バー、全く新しいカウンタージオラマを明らかにする photo


模型鉄道バー「バー銀座ちょうどうPOPON」が日本の首都にオープンしてから2年余りが経過しています。当時、Ponpondetta、Inc.が運営する銀座の4丁目地区にあるこのバーは、俳優、声優、テレビの乗組員を歓迎し、バーのモデル鉄道に囲まれた国に生中継しました。


本物と同じように、電車や鉄道模型には時折スプルースが必要なので、Bar Ginza Chou Chou POPONは列車やモデル愛好家の間で興奮を盛り上げる新しいバーカウンタージオラマを発表しました(少なくとも飲み物が好きな人)と、日本のテーマのある飲食店や水を捜すための狩りをしている人。


Bar Ginza Chou Chou POPONの新しいジオラマは、電車、ショップ、コンビニエンスストア、蕎麦ジョイント、待合室を待っている乗客を特徴とする豊富なLEDライトが豊富な大型ターミナルターミナルなどのシーンを再現します。

東京の有名な箱崎ジャンクションをベースにした夜間都市のハイウェイシーンは、滝やロープウェーが立ち並ぶジオラマの温かい温泉リゾートのレクリエーションとはまったく対照的です。


また、1950年代の銀座を前にしたジオラマでは、三越デパートや和光ビル、有楽町と新橋を結ぶ廊下など、今日の銀座を再現しています。パントは、東京タワーのライトアップレクリエーションも見ることができます。


詳細への注意も適用されています。すべての車にはヘッドランプが取り付けられ、画像は建物に映し出され、景観はサイドハウスや必要な移動列車をピークにすることができ、ジオラマにはバス、ロープウェイ、さらには空中の航空機を動かせるメカニックが組み込まれています。バーの訪問者は、ジオラマの列車を運行することもできます。


バーカウンタージオラマのリニューアルに合わせて、バーのオーナーは食べ物やカクテルを新しくデザインし、銀河鉄道/銀河鉄道の小規模なリニューアルも行っています。


東京モデル鉄道バー、全く新しいカウンタージオラマを明らかにする photo


東京モデル鉄道バー、全く新しいカウンタージオラマを明らかにする photo


東京モデル鉄道バー、全く新しいカウンタージオラマを明らかにする photo




By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com