Loading...

Oct 13, 2017

日本は紛失した品物を急増させるために奮闘する

SAPPORO - 日本は、列車に残っている持ち物やその他のものが人々に返却されることを期待できる国として名声を得ています。


あまり知られていないのは、過去10年間で2倍以上の数字を伸ばしている鉄道運営会社、店舗、一般の人々が紛失した品物の急増に対処するために、警察が苦労していることである。


警察は、この傾向の背景には、スマートフォンの普及が広がり、失われる可能性が高まっているという。一方、ホテルや駅で必要のないものを残している外国人観光客が増えているという。



警察庁によると、全国の警察署に持ち込まれた紛失品目は、法的改正により紛失物資が警察倉庫に流入するのを抑制しようとしたものの、2007年の約1,272万件から2016年には約2796万件に増加した。


2007年に、1899年の不動産法が同じ名前の新しい行為に置き換えられました。新法は、警察が運営する見つからない検索サイトを導入し、警察が紛失した商品を3ヶ月間で半減させ、傘や衣服などの安価な商品を売却することを許可しなかった2週間以内に


さらに、個人所有物が紛失しやすい店舗、ホテル、列車などの事業者には、警察の代わりにそのような物品を保管し処分する権限が新たに付与されました。


NPAによると、昨年末までに全国の106の事業者だけが紛失品目を保管していたが、民間企業は紛失品目の保管スペースを割り当てずに自費で廃棄することに消極的であった。


「北海道鉄道(JR北海道)」で見つけられなくなった品物を担当する関係者は、「紛失品目が保管される方法、特に価値がある場合に問題が生じる可能性がある」と述べた。


9月中旬のある日、JR北海道の従業員は、過去数日にわたって札幌駅で集められた傘、バッグ、衣服など、札幌市内の警察署に約700本の紛失物資を運んだ。


警察官は、「この数字は今日では比較的少ない。警察署の保管室には数十枚の段ボール箱と財産喪失のビニール袋が積み重なっていた。


昨年、人気のある観光地である北海道の首都圏の賑やかな地区や観光スポットを監視する警察署に、約19万件の遺失物が持ち込まれた。


商品は、ホテルや商業施設から来て、外国人観光客の持ち物が含まれています。


北海道の警察は、「遺物が放棄されたのか忘れられたのかを判断することは難しい。その結果、警察の保管庫に紛失した品物の数は増え続けています。


一部の企業は、顧客へのサービスとして、または単に効率のために、紛失した品物を自分で処理する意思があります。


東京・神奈川の鉄道網を運営している京急は、2016年に横浜市の横浜に2016年に公共の信頼を得るための拠点を開設した。


最初の年に、センターは約9,200アイテムを処理しました。その多くはスマートフォンと関連アクセサリーでした。


ケーキ役員は、何かを失った人が、通常、鉄道会社や施設に最初に問い合わせると、同社は返還率を向上させることができると語った。


また、宝塚歌劇団のミュージカルに全員で年間100万人以上の観客を惹きつけている宝塚グランド・シアターも主導しています。


西日本の兵庫県の劇場での遺失物の多くは、オペラグラスやハンカチなどの小物で構成されています。劇場の関係者は、彼らを握ることによって、「警察にそれらを持って来なければならないというトラブルを避けることができる」と話している。


一定期間が経過しても誰もその商品を主張していない場合、劇場はそれらを会社に渡して処分します。


京都産業大学の社会保障政策学科の田村雅弘教授は、「失われた品物の保管期間を短縮し、必要な手続きを簡素化する」など、紛失した品物の処理システムをさらに改革する必要があると述べた。


2007年に新法によってもたらされた変更の1つ、警察が紛失品目につかまなければならない期間の3ヶ月を短縮することは、紛失品目のほとんどが所有者に返却された紛失品目が3ヶ月以内に返却されたことに基づいていました。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿