Loading...

Jan 19, 2018

日本は世界遺産のために大阪で古墳を指名する

日本政府は金曜日に、大阪府の古墳群を2019年のユネスコの世界文化遺産候補地に指定することを決めた。


政府は、2月1日までに国連教育科学文化機関に推薦状を提出し、2019年春に登録された日本最大の古墳である宗祖古墳を目の当たりにしている。


国際遺産協議会(ICOMOS)、ユネスコの諮問機関であるICOMOSは、今年9月に遺跡を調査し、世界遺産委員会による最終検討の前に古墳群を推薦するかどうか決定する予定です。



古墳群は、堺市の現在のMozu地域から、伏見町と藤井寺の都市である古市地域に広がっています。彼らは古代日本の建築技術と文化の代表的な例と考えられています。


大阪府南部にある89個の古墳群のうち、4世紀後半から5世紀後半にかけて建造された49個の墓地が推奨集落を構成します。


群馬には、世界最大の三つの墓のひとつである大文皇帝の墳墓、中国の秦新皇の墓、エジプトのクフ王のピラミッドがあります。日本国観光協会。ダイソンコフンの長さは約486メートル、前部の長さは約307メートルです。


地方当局は、まず、2007年9月に文化庁の候補者として古墳群を提案した。昨年7月、政府のパネルによる推薦のために選出された。


世界遺産の審査は毎年行われ、世界遺産委員会は今年6月24日から7月4日までバーレーンで自然と文化の候補地を見直す予定です。


今年の候補地としては、長崎・熊本の南西部にキリスト教の拠点、沖縄本島北部の鹿児島南西部に奄美大島と徳之島を含む自然遺産、西表島また、沖縄県に属する。



©KYODO



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com