Loading...

Mar 11, 2018

ハーゲンダッツは私に日本のデザートを納得させることができません:新しい花モチシリーズ



アメリカのアイスクリームメーカー、Hagen-Dazsは、先月末、日本全国で "Hana Mochi"アイスクリームのアップグレードをリリースした。この新しい樽の魅力的なパッケージは、この機会に、バニラやクッキーやクリームのような信頼できる基準の新しい味を選んだという点で、明らかにその魔法を働いています。しかし、内部で何が起こっているのですか?


このまっすぐな、早いドアを手に入れましょう。私は、伝統的な核心の日本がデザートに関して世界を提供することはほとんどないと常に考えてきました。 (私は朝食についても同じように感じています)国のお菓子との私の寒い関係の根本的な原因は、アズキペーストと何かを組み合わせる方法を見つけることに戸惑う郡の奇妙な妄想です。そして、このハーゲン - ダズも同じことが再び起こっている。


ハエン・ダズの「花餅」シリーズは、2015年に日本で初めて登場しました。このアイスクリームメーカーは、滑らかなアイスクリームと、餅であるゴーイーの粘着性のある形を組み合わせました。


今年1月、同社は2月下旬に販売を開始するシリーズのアップグレードを発表しました。 Häagen-Dazは、新鮮な鍋にアイスクリームと「お弁当」と日本の甘さを約束した「新華華ち」シリーズを新鮮なものとしています。



初め、華もち「桜あん」 - 花餅「さくらん」

ハーゲン・ダズの「さくらん」は、桜の香りがしたアイスクリーム(ラズベリーがついていると思います)が、餅つきのグアイの層に包まれています。それはいくつかの良いジャムになるから離れて揺れるです。


Häagen-Dazsのプレスリリースによると、Sakura-anは蓋を開けるとすぐに、華やかさを表示します。私はこのポストの画像からあなた自身の判断を下すつもりです。




賢明なことに、2つのタブのうち、これは私のお気に入りでした。 Häagen-Dazsの場合、それはすべて甘さと塩味のバランスについてです。しかし、私にとっては、まさに何かの桜の味のようなものです。それは、ラズベリーの甘いバージョンのようなものです。日本では見つけにくいのですが、家に帰ってきたものですが、桜の季節になることを思い出させるのはいいです。





アイスクリームの中には素敵な「アン」の層がありますが、モチーフのラッピングは私にとってちょっとぎっしりとしていて、何かの胃を揺さぶっています。



華もち「栗あずき」 - 花餅「あずききり」


クリス・アズキには、非常にざらつきのあるオグラ(柚子の一種)のアイスクリームと、栗のソースを重ねたものがありますが、今回は日本人には分かりませんでした。栗のビット。





正直言って、日本の伝統的な日本は、デザートについては何も知らないという私の信念を再確認するだけでした。ハナモチのお風呂は贅沢さと魅力があると言われていますが、私にとっては赤い餡は常に猫がカーペットにぶつかる何かの出現を常に取っています。そしてそのすべての栗/アズキの粒状性は、典型的に滑らかなHagen-Dazsアイスクリームに害を及ぼします。





私に「クッキーとクリーム」、または何らかのフルーティーなシャープネスを与えてください。そして、私はクリス・アズキを日本のノベルティの下に保管しておきます。


By Tomuu
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com