Loading...

Mar 25, 2018

日本は100水素充填ステーションのマイルストーンに達する第一国になる



日本は今春、燃料電池自動車用に8つの水素充填ステーションを開設し、全国の合計を100にすると、産業省は金曜日に発表した。


経済産業省によると、世界で最初に100のステーションを設置する国となり、ドイツは1月の時点で約40、米国は約30となる。


北海道、福島、神奈川、岐阜、岡山の5つの県で、3月から4月にかけて8つのステーションが開設される予定で、水素をより広範なエネルギー源とすることを目指している。


燃料電池車(FCV)は、水素と酸素を組み合わせて、電気モーターに電力を供給します。従来のガソリンやディーゼル車と異なり、FCVは水と熱のみを放出します。トヨタとホンダは、燃料電池技術を使用したモデルを提供する自動車メーカーの一員です。


政府は2020年までに公​​道に約4万基のFCVを導入することを目指しているが、それぞれ4億〜5億円(約380万〜480万米ドル)と推定される水素給油所の建設コストは、 FCVの


政府は、2020年度までに約160の水素充填ステーションを商業的に利用することを計画している。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com