Loading...

Mar 28, 2018

英国に桜をもたらす日本の募金活動



ロンドンで開かれた桜の木の植え付けが、両国間の友好の象徴となるために、日本で始まっている。


このプロジェクトは、来年の秋にロンドンの4つの主要公園に象徴的な日本の樹木を50〜60個植えて、2020年春に記念式典を行うことを希望する両国の日本の個人および企業によって企画された東京がオリンピックとパラリンピックを開催する年。


成功すれば、このプロジェクトは桜の外交の最初の例にはならないだろう。日本は以前、何千本もの桜をアメリカの首都ワシントンDCに贈りました。ここで、彼らは今や年次祭で祝われています。


プロジェクトの創設者であり、日本人協会の会長であるSandy K. Sanoは、「日本と英国の文化的関係を築いた日本人と英国人の前任者を称え、 Brexitの後に英国が難しさを感じたとしても、ここに(イギリスで)このリンクを続けるべきだ」と述べた。



英国では、「誰もが桜を日本と結びつけている」と、英国大使ポール・マッデンは語った。 「両国の友好関係のシンボルの1つになるだろう」


両国の首脳は、昨年夏の首脳会議で発表された共同宣言でこのプロジェクトの支持を表明し、日本企業と英国大使館の支援を受けて徐々に形を整えている。


ロンドンの公園を管理する慈善団体ロイヤルパークスは、議論の後、すでに日本庭園のあるリージェントパークを含む第1回の木曜日にロンドンで4つの場所を提案している。


主催者は、プロジェクトの初期段階で各公園に10〜15本の桜を植える予定で、その後は1,000本の木の残りが続きます。日本からの苗木の輸送に関わる検疫問題のため、イギリスでは樹木が栽培されます。



公園運営責任者サイモン・リチャーズは、各公園と調和するように、どの桜木を植えるべきかを慈善団体が検討する必要があると述べた。


募金活動は、東京に本拠を置く英国の企業や個人の団体であるジャパン・ブリティッシュ・ソサエティによって監督され、メンバーと利害関係者から桜を植え、維持するために必要な資金を調達したいと考えている。


塚本隆理事長は「(私たちのメンバーたちは)この計画の意味を理解していると思う。私たちはBrexit後の日英関係のさらなる発展を望んでいる」と述べた。


過去には、英国が桜を日本に送った時期もあった。阿部直子は、英国の園芸家であり、桜の専門家であるコリングウッド「チェリー」イングラムに関する最近の著書の著者です。


ソニヨシノの品種は現在日本で支配的ですが、イングラムが20世紀初頭に訪れた時、彼はさまざまなサンプルを集めることができました。


(オカメチェリーツリー、コリングウッドイングラムが作ったハイブリッド種)


彼は、日本では一度消滅したと考えられていたが、彼自身の庭で見つけた標本から復活した、様々な太鼓の桜の生存を信じられています。


「桜の花は平和と友情を促進する上で一役買ってくれるのがすばらしいと思う」と共同通信は伝えた。 「さまざまな桜の品種を植えることは、英国のさまざまな文化や人々を反映させる良い方法になるでしょう。



@京堂


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿