Loading...

Apr 15, 2018

91歳の女優が日本で包括的な社会のために50年の戦いを続けている

91歳の女優が日本で包括的な社会のために50年の戦いを続けている photo


日本初の障がい者養護学校が創立50周年を迎えたことで、創業者の91歳の宮城真理子さんは、包括的社会に対する偏見と戦うための「革命的」として賞賛されています。


宮城は1968年に尼崎学園を創設し、何千人もの人々に強制殺菌を行っていた日本の障害者に対する強い偏見があった。


女優はまた、個人的な批判を訴え、彼女のキャンペーンを宣伝活動と呼んでいる人もいた。


しかし、宮城県は現在、「ネムノキの村」にある中部の山間部に位置し、身体的または知的障害のある73歳の人が住んでいます。村の住民のうち、33人が特別学校に通う。


静岡県掛川市にある数学と日本語の授業を提供している一方で、芸術的で音楽的な感性を育むことに重点を置いています。


「文字を読むことができなくても、私は楽譜を読むことができます。奇妙なことですか?」彼女は学校で演奏のリズムに移動しながら楽譜を持っている女の子が言った。


宮城は、1960年に脳性麻痺の子供の役割を果たした後、学校を創設し、当時の障害を持つ子どもたちが学校で正式な教育を受けることができなかったことを知りました。


彼女は土地を探して資金を調達し、今日の御前崎市で静岡県に学校の最初の完成を築いた。


91歳の女優が日本で包括的な社会のために50年の戦いを続けている photo


当時、1948年から1996年にかけて施行された我が国の栄養保護法では、知的障害、精神疾患、遺伝性障害の人を殺して「劣った」子孫の出産を防ぐことが認められました。


約25,000人が法律で滅菌され、約16,500人が同意なしに殺菌された。


児童や障がい者の福祉を守る立法も不十分であり、宮城の学校創設の希望は、保健省と静岡県の特別なケースとしてのみ与えられた。学校は1997年に掛川に移転した。


埼玉大学の障害児教育専門の名誉教授である清水宏教授は、宮城が「革命的な」学校を設立したと言い、障害児教育の進路に大きな影響を与えたと述べた。


「身体障害で歩くことができない子供たちは、当時は政府が学校に通うことを自動的に免除され、自宅に隠されることを余儀なくされた。


現在日本では、障害児は主流の学校制度の中、あるいは必要に応じて特別なニーズに対応する専用学校で教育されています。


日本は2006年国連障害者人権条約を批准し、一般教育制度から除外すべきではないとしている。


清水はまた、ネムノキのアートと音楽を用いたアプローチを支持している。 「芸術や音楽など表現力豊かな活動を高く評価しているクラスは、自分自身を表現することで自由を得ることができるという意味での教育の本質と心」です。


宮城氏は、無力感を感じ、学校の運営を放棄することを考えたが、最終的にはそうすることはできないと述べた。


91歳の女優が日本で包括的な社会のために50年の戦いを続けている photo


"それは子供たちが私を愛しているからだ。私も彼らと恋に落ちている"と彼女は言った。


学校の子供たちは、宮城を「ママ」と呼んでいて、しばしば彼女の注意を引くために呼び出す。彼女はいつも反応しますが、時には疲れていることを認めています。


高齢であることから、宮城県は頻繁に寝なければならず、車椅子での移動に多くの時間を費やしています。しかし、彼女は、有能な人と障害を持つ人が集まる場所を作るという彼女の夢をあきらめていません。


「ネムノキ村内のすべての人々のために公園を建設しようと計画していることを踏まえて、宮城氏は「人生にはまだまだ時間は残っていないが、まだやっていない」と述べた。


「それは私が続ける必要があると思う」と彼女は言った。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com