Loading...

Dec 6, 2017

日本は皇太子妃の継承を10日連続して取りやめ



日本は、5月1日に鳴門皇太子殿下の座に合わせて、4月27日から5月6日まで、2019年に10日間連続で休暇を取ることを検討している。


4月29日と5月3-6日は、4月27日と28日の週末に続いて、2019年に祝祭日として既に割り当てられています。5月1日が国民の祝日に指定された場合、4月30日と5月2日は祝日になります。日本の祝日法は、祝日に挟まれた平日は自動的に祝日となることを規定しています。


4月29日から5月1日の3日は、皇太子父の誕生日を記念する昭和の祝日の翌日、4月30日に退任する明仁天皇皇室と関連している。


政府は、日本のカレンダーで使用されていた「年金」(年齢)の変更をせずに、10日間連続して円滑な昇進と暖かい祝典を望んでいる。



政府は、現在の皇帝の誕生日(12月23日)を祝日として維持するかどうかについて議論し、棄権と継承の儀式をどのように整理するのが最善かを調べる。


1990年11月12日、明仁天皇の継承式典が行われた際に、1回限りの特別休暇が開かれました。


政府が2019年に5月1日を国民の休日ではなく1回とすることを選択すれば、4月30日と5月2日は平日のままとなる。


日本の議会は、6月に12月23日に84歳になる皇帝が彼の57歳の息子に王位を渡すことを許可する法律を制定した。これは、皇帝が2016年8月の珍しいビデオメッセージ放送で彼の年齢についての懸念を共有した後で、これは彼が辞任したいと表明したものと解釈された。


安倍晋三首相は、皇太子が2019年4月30日に退位する見通しで、約200年ぶりの国王陛下出身で、



©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿