Loading...

May 14, 2018

安倍晋三内閣支持率は、クローニズムスキャンダルにもかかわらず38.9%に上昇



麻生首相の内閣総理大臣は、安倍晋三首相の支持率が前月比1.9ポイント上昇し、38.9%となった。


週末の世論調査では、木曜日、アベ先任の元補佐官による証言に不満を抱いた75.5%が、学校運営者の役人と会うことを認めたが、安倍長官の指示に従わなかった。


安倍晋三官房長官は、2017年に半世紀の大学で日本初の獣医学部を開設するという政府の許可を得るという友人のキャンペーンに手を携えたかどうかなど、クロニズムの主張を払拭するために苦労している。


安倍閣議会議の不承認率は50.3%で、前回調査の52.6%から低下した。


回答者の70%近くが、学校プロジェクトに対する政府の承認プロセスが「適切ではない」と回答したのに対し、そうでないと考える人は16.9%であった。


国会で靖国神社参拝の覚書を守っていたことが判明したことから、靖国神社参議院議員の靖国神社参拝は、「首相に関する問題」大臣。


(元安倍晋三議員の柳瀬忠雄氏が国会で焼き上げられた)


柳瀬議員は議会で、当時の具体的な計画は念頭に置いていたが、2015年には3回、理事長の会長に会ったことを認めた。


批評家は、首相の秘書が民間部門の人々と何度も会うことはまれだと述べた。野中氏の発言から、学校運営者がどのような扱いを受けているのかが明らかになった。


一方、麻生太郎財務相が元財務省の官僚による女性記者の性的嫌がらせと関連して、議論の余地があることを理由に辞任すべきかどうかについて、世論調査の回答者が分かれた。


麻生外相は、麻生外務次官が「麻生外相が辞任すべきだ」と述べ、49.1%が麻生外相に辞任すべきだと発言。


9月の与党民主党大統領選挙で誰が選出されるべきかについては、小泉純一郎首相の誕生日である小泉真二郎氏が26.6%の支持を得てトップを守った。


石破茂前国防相も24.7%、2位は安倍晋三(21.2%)だった。


全国電話調査は土曜日と日曜日に行われた。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com