Loading...

Nov 8, 2017

東京都北西部の村でヘリコプター事故で死亡4人

東京都北区の村で、ヘリコプターが墜落し、搭乗していたヘリコプターサービス会社員4人が死亡したという。


群馬県の上野村では、午後2時30分ごろ、橋の近くで墜落し、1985年に日本航空のジャンボジェット機災害の山岳地帯を取り囲んで火災に遭いました。


東邦航空は、東北航空4人が60歳の北川一郎パイロットで、20代2人、50歳の3人のメカニックを指名した。


(地元住民の写真提供)


周辺の住宅地への被害は確認されていない。午後2時過ぎ、山梨県を出発して栃木県に行く途中で、品物を輸送していた東邦航空は、


東京を拠点とする航空会社は、遅くとも午後2時3分ごろ、早川町からの出発を確認するために、航空機からの最後の無線連絡が行われたと語った。事故の原因は不明だと同社は述べている。


北川は、大阪府の八尾事務所に所属する非常に優れた熟練したパイロットであったが、東邦航空のサービスによれば、東京本部に所属していた。


ヘリコプターは、国​​土交通省によると、エアバスグループのエアバスヘリコプターズ社製のAS332Lチョッパーであった。


同省の安全委員会は事故の原因を調べるために捜査官を現場に派遣する。


地元の警察は、ヘリコプターが中央村のオフィスの約700メートル西に降りると、証人から緊急通報を受けたと述べた。



消防士は、別の目撃者は、チョッパーが西から東へ飛行していたものの、Uターンを行い、高度が失われた後、機体のように見える物体が機体の後方から落ちたと語った。


事故は、東京電力株式会社ホールディングスによると、約600世帯に影響を及ぼす電線が壊れたため、村で停電が発生した


この地域では午後4時20分頃に電気が回復した



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com