Loading...

Oct 1, 2017

日本のドキュメンタリーは、夜間保育園の現実を示すことを目指している


東京では、夜間保育園に関する否定的な認識を払拭しようとする日本のドキュメンタリー映画が全国的な幕開けのカーテンライザーとして東京で放映されている。


映画「ヤカン・モヤルテ・ホイクエン」(夜間のナーサリー・オープン)は、働く母親や片親だけでなく、夜間に子供を託児所に連れて行くなど、数少ない選択肢に直面して苦労していることについて、



夜間に働く両親に対する深い味方の偏見は、子供たちが無視されて死んだことを知った数多くの事件のあと、1980年代初めに国民の怒りを引き寄せたいわゆる「ベビー・ホテル」のイメージが原因で、 。全国に3万人以上の子供が夜間保育園に入園しています。


この映画で紹介された保育園の1つであるABCの保育園は、東京で最も賑やかな歌舞伎町娯楽地区から約1キロメートル離れた韓国の町として知られる新大久保にある24時間の免許施設です。


保育園は4〜6週齢の乳児を受け入れ、多くの場合、90人もの子供を委託されています。親は主に、終わりを迎えるために夜を働く唯一の母親です。残業や外国人カップルをしばしば働く女性官僚です。


大宮浩一監督は、前回の作品に感心して手紙を送ったABCホイクエン監督の片田清美監督の指揮で製作した。 Katanoは、夜間の保育園の現実を映画のショーにリクエストしました。


「夜間には多くの家族が託児サービスを必要としているが、養育養護施設は増えていない」と彼女は書いている。保育園のことを知らなかった大宮にとって、この要求は青から出てきましたが、Katano氏の熱意がプロジェクトにかかっていました。


託児所の子供は夕食を食べ、スタッフは入浴を助けます。彼らは午後8時頃に寝ます。眠っている夜の真夜中や夜明けを含めて、両親はいろいろな時間に寝ます。


この映画は両親と一緒に家に帰る途中で子どもたちを追いかけると同時に、彼らを守るスタッフの経験も示している。


キタノ氏は、「夜間保育園が必要な私たちの考えと親や子供の考えを分かち合い、私たちのリードに少しでも合致してほしい」と語った。


勤労者のための政府の育児システムの枠組みがあっても、夜間サービスは計画されていなかったため、子供が混雑した小さな部屋に配置される可能性のある無免許の養護施設が急増した。



規制されていない「ベビーホテル」の保育園が誕生し、子供たちが無視され、一連の子供たちが偶発的に死亡した後、議会が1980年ごろに問題を取り上げるようになったために問題が悪化した。


大宮は、当初は夜間保育園については同じ否定的なイメージを持ちましたが、生産にサインアップした後は別の方法で確信していました。


彼は、子供たちを和らげるために時間と労力を費やしている保育スタッフを目撃し、しばしば懸念して葛藤した両親が子供のために苦労しているのを見ました。大宮は夜間保育園についてさらに学ぶために、沖縄、新潟、北海道などの施設で撮影しました。


政府は1981年に託児所制度を変更し、最低就業者数などの一定の基準を満たしている限り、託児所を認可した。


しかし、システムの改訂から約40年後にはまだ約80のライセンスされた保育園があり、1,600の施設は免許を受けていない。大宮は政府の承認を受けていない理由を調査するため、後者の一部を訪問した。


「健康な社会は、おそらく夜間保育園を持たないものですが、現実には両親が必要です」と大宮は言いました。


この映画は、9月30日に東京のポールポール東中野劇場でプレミアを行い、全国的に上映される。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿