Loading...

Dec 25, 2017

福島原発で放射線浄化作業を開始



福田幹事長は十二日午後、政府が主導した復興計画のもと、福田第一原子力発電所を共同住宅にするための町づくりを開始した。


2011年3月の巨大地震・津波の後、原子力発電所から放出された放射性物質で汚染された地域では、クリーンアップ作業が行われています。


しかし、双葉での最新作は、特別再建地帯に指定された地域を再び生きられる政府主導のプロジェクトの最初のものです。政府は、これらの分野の国家費用で浄化作業を実施し、インフラ整備を集中的に推進する予定である。


双葉町の約96%は帰還が困難な区域に指定されており、大隈町と福島第一複合地が並んでいる町全体では避難勧告がまだ実施されています。



福田氏の11%を占める約555ヘクタールの土地が特別再建地帯に指定され、政府主導の掃除と解体の対象となった。


「建設を通じた復興への手続きの進展を感じることは、町民のここへの帰還動機を刺激するのに役立つだろう」と、井田史郎市長はクリーンアッププロジェクトに関与した関係者に語った。


「帰国できる日を待っている市民の気持ちを考えながら、仕事をして欲しい」と話した。


環境省の監修の下、JRふたば駅近くの土壌の最上層を撤去し、道路沿いの草刈りを行い、約60棟の住宅と町の公共施設を解体した。


現在、福島県の7つの市町村では戻りにくい区域があります。


2022年春頃に双葉が住むことを可能にするために、政府は、JR Jyoban Lineが完全に操業を再開する予定の2020年3月末まで、双葉駅近くの避難勧告を上げることを目指している。


二人の避難者の中には、クリーンアップ作業の開始についての混乱した感情がありました。


福島市の一時的な避難所に住んでいる69歳の女性は、二輪車の復興特別区に住宅があると言いましたが、6年9ヶ月前に避難して帰還を希望しました。


災害から2〜3年後に帰ることができるかもしれないが、私の家(双葉)は衰退してしまった。現実には、私は今そこに住むことはできないと思う。 " 彼女は言いました。


一方、双葉からもいわき市に避難した松本正道氏は、「未来の町を再建するための一歩が踏み出されたことをうれしく思います」と掃除作業の開始を歓迎した。


彼は、クリーンアップ作業中に収集された汚染土壌の貯蔵施設の存在に対する恐れから、多くの市民が町に住むために戻るとは思わないと述べた。


「しかし双葉は、いつか人々が訪れることのできる町になることを願っている」と松本氏は付け加えた。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com