Loading...

Apr 19, 2018

日本人移民センターで拘禁された数十人の拘留者



東京近くの移民局で開かれた数十人の外国人が、長引く拘留に抗議する飢餓ストライキを行っているという。


飢餓撲滅は、茨城県牛久市の東日本移民センターのインド人が自殺してから数日後に始まる。この事件は、日本の移民施設における死亡者の最新のものであり、貧しい医療サービスと長い拘禁期間で長い間批判されている。


支持者によると、40人以上の拘留者が日曜日に335人の外国人を抱える施設で飢餓ストライキに参加している。いくつかのケースでは、拘禁は数年間続き、亡命希望者を含む多くの人々が暫定的な釈放を拒否されている。


拘留施設の関係者は、「飢えのストを打ち破るように彼らに説得しようとしている」と述べ、収容人数の確認を拒否した。


飢えのストライカーも、拘束センターの職員がインド人の自殺を取り巻く状況に鈍感であると怒っている。被告人、主に故人に近い人は、日曜日の朝に食事を拒否し始めたが、水と紅茶を飲んでいるという。


彼の30代のインド人男性は、暫定放出要求が却下された日の翌日金曜日、正午まもなく首に縛られたタオルをシャワー室で見つけました。支持者が彼の状況を絶望していた男は病院に連れて行かれたが、約1時間後に死亡した。


在留資格を持たない在留資格のある外国人は、東京、大阪、茨城、長崎など17の移民施設に収容されます。


(東京都北東の牛久にある東日本移民センター)


司法省は、勾留は、法的地位のない日本に滞在している外国人を監視する方法だと指摘しているが、弁護士を含む支持者は、追放のための短期間に限定すべきだと主張する。


国連拷問反対委員会はまた、日本が長い間、場合によっては不定の勾留期間を批判している。国の勾留には法的な制限がありません。


移民問題の深い知識を持つ医師ジャンエイ・ムラヤマ氏は、長時間の拘禁は心理的拷問の一種だと語った。 "飢えのストライキは、拘留者が心理的に荒廃している証拠だ"と彼は言った。


2017年、牛久移民センターの40代のベトナム人が無意識のうちに亡くなり死亡した。彼の支持者は、彼が病気に苦しんでいると報告したにもかかわらず、スタッフが十分な医療処置を提供していないと言いました。


43歳のカメルーン人男性も2014年に同じ施設で死亡し、母親は病気に苦しんでいるにもかかわらず施設のスタッフに無人のまま放置されていると主張して州補償を求めて訴訟を起こした。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿