Loading...

Sep 14, 2017

バーチャルポップシンガー、初音ミク、京都の特集

京都 - 有名なアニメや漫画のキャラクターや日本のポップカルチャーのアイコンを伝統的な日本画のスタイルで描いた、水曜日に京都で開かれたユニークな展覧会。


「日本を継承する」という展覧会では、漫画家の手塚治虫が作った「ブラックジャック」とバーチャルポップ歌手「初音ミク」などの伝統的な作品の複製物リパスタイルのアーティストと18世紀の画家イト・ジャクチュによって行われました。



京都の下京区の高島屋百貨店のイベントは、地元の繊維会社の豊田(Toyowado)の山田慎也氏が企画したもので、マンガやアニメのキャラクターを描いた場合、Rimpaスタイルのアーティストがどのような作品を制作したのだろうと思っていた。


ジャクチュウの鳥が描かれたスクロールピースと、歌のアンドロイドである「初音ミク」は、ボーカロイドのキャラクターと鳥の尾の長い髪と対照的です。


もう1枚はドクターブラックジャックとRimpaスタイルのアーティスト、鈴木喜嗣が描いた3つのカラスを一緒に置く。


「この展覧会では、従来の美術館訪問者にアニメ愛好家を加えて、アートファンの時代を広げることを望んでいる」と、細見義行氏(63)が監修した細見博物館長が語った。


展覧会は9月25日まで無料で実施される予定です。東京の新宿区の高島屋百貨店で来年1月に開催される。




©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿