Loading...

May 9, 2018

ソニーの新しいアイボロボット犬の販売開始

ソニーの新しいアイボロボット犬の販売開始 photo


ソニーの新しい人工知能を搭載した日本のアイボロボット犬の販売は、1月に発売されてから3ヶ月で11,111台が販売されたと、巨大なスタートを切った。


ソニーによると、新型アイボは、1999年に発売され、2006年に中止された前身のAIBOのアップグレード版で、期待以上の需要を見込んでおり、ロボットの生産量を増やすことを検討している。


4月中旬までに販売されたユニットの数は、1月にアイボの販売が開始されて以来初めての開示である。


ソニーは前モデルの合計15万台を販売しました。


ソニーの新しいアイボロボット犬の販売開始 photo


アイボは2つのカメラを使用しています.1つはカメラの鼻に、もう1つはテールの上に、センサーの範囲は所有者と環境を識別し、ボディーランゲージ、吠え声と大きなデジタルアイで表現します。


これには税金を除く198,000円(1,800米ドル)の料金タグと3年間のクラウドサブスクリプションサービスの90,000円が含まれています。


ソニーのCEO、平井和夫氏は、日本でしか入手できないが、米国や中国をはじめとする他の市場でのリリースも検討している。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com