Loading...

Oct 31, 2017

ローソン、福島でドローン配送トライアルを開始



福岡県のコンビニエンスストアチェーンであるローソンと電子商取引の大手楽天は、2011年の原発事故により、福島県南相馬市で無人運転試験を開始した。


人口の高齢化が進んでいる地域で買い物を容易にすることを目的としたこの国での最初の試験は、商業サービスに変える可能性を探るために6ヶ月間実行されます。


モバイルケータリング車から注文を受けた後、無人機がコンビニエンスストアから商品を引き渡します。高野次男さん(70)が携帯店では買えないフライドチキンやその他の商品を注文したときに、コンビニエンスストアと呼ばれるスタッフが数分間で楽天の無人機で届けられた。



高野氏は、「温かく、おいしいです。私は(企業が)便利だから、長い間サービスを実行してほしい」と話した。


無人機は、長さ20センチメートル、幅15センチメートル、高さ約2キロの製品を運ぶことができます。


南相馬では、昨年7月に大半の避難命令が解除された。しかし、避難区域として指定された区域では、約半数の住民が65歳以上であり、その多くは交通手段を持たない。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com